安中散(あんちゅうさん):漢方薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
 
漢方薬一覧へ戻る
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
漢方薬、生薬、民間薬
違いを考える。
 
生薬
生薬一覧へ戻る
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売

安中散の通信販売一覧<第2類医薬品>

以下に安中散の一覧を示します。

ホノミアンピ錠はエキス剤を錠剤に成型してあります。
エキスの良さと原末の精油を残したままを併せた
強安中脾虚散は添加物が入っておりません。
ウチダの安中散は袋から匙ですくって服用する
タイプで大きな特徴として原末です。
安中散は処方名からも原末が古典通りといえます。
最後に中屋彦十郎薬局の煎じ薬ですがこちらも
原末と同じく添加物は使用しておりません。
安中散はメーカーにより配合が異なることが
多い処方の一つです。

ホノミ アンピ錠(安中散)【第2類医薬品】 360錠

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師
又は登録販売者に相談すること  
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、
かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は
副作用の可能性があるので、
直ちに服用を中止し、この文書を持って
医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない
場合は服用を中止し、この文書を持って
医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

効能・効果

体力中等度以下で、腹部は力がなくて、
胃痛又は腹痛があって、ときに胸やけや、
げっぷ、胃もたれ、食欲不振、はきけ、
嘔吐などを伴うものの次の諸症:
神経性胃炎、慢性胃炎、胃腸虚弱

用法・用量

次の量を食間に、コップ半分以上の
ぬるま湯にて服用して下さい。
注)「食間」とは食後2~3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人:6錠:3回
7歳以上15歳未満:4錠:3回
5歳以上7歳未満:3錠:3回
5歳未満:服用しないこと

用法関連注意

(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、
保護者の指導監督のもとに服用させること。

成分・分量(18錠中)

ケイヒ 2.00g
ボレイ/エンゴサク 各1.50g
ウイキョウ 0.75g
シュクシャ/カンゾウ 各0.50g
リョウキョウ 0.25g
安中散水製エキス 0.600g
添加物としてカルメロースカルシウム、結晶セルロース、
ステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン、乳糖、
メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

保管及び取り扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の
少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した
残りを服用する場合には、袋の口を
折り返して保管し、2日以内に服用すること。


強安中脾虚散【第2類医薬品】

強安中脾虚散(安中散)【第2類医薬品】 60包
強安中脾虚散(安中散)【第2類医薬品】 500g

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、
副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと  生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師
又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。  
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、
かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は
副作用の可能性があるので、
直ちに服用を中止し、この文書を持って
医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は
服用を中止し、この文書を持って
医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

効能・効果

胃酸過多症、アトニー型の胃痛

用法・用量

次の量を食前又は食間に、
コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「食間」とは食後2~3時間を指します。
[年齢:1回量(容器入りの場合)
:1回量(分包品の場合):1日服用回数]
大人:1.5g(添付のサジ1杯):1包:3回
10歳以上15歳未満:大人の2/3の量(1.0g):2/3包:3回
5歳以上10歳未満:大人の1/2の量(0.75g):1/2包:3回
5歳未満:大人の1/3の量(0.5g):1/3包:3回

用法関連注意

(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、
保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には、
医師の診療を受けさせることを優先し、
やむを得ない場合にのみ服用させること。
(4)生後3ヵ月未満の乳児には服用させないこと。

成分・分量(4.5g又は3包中)

エンゴサク0.187g/シュクシャ0.062g エキス0.588ml(固形物0.019g)
ウイキョウ0.622g/エンゴサク1.867g/シュクシャ0.622g/カンキョウ0.311g エキス2.243ml(固形物0.124g)
カンゾウ末 0.622g
ケイヒ末 1.868g
ボレイ末 1.867g
添加物なし

保管及び取り扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の
少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した
残りを服用する場合には、袋の口を折り返して
保管し、2日以内に服用すること。

ウチダの安中散【第2類医薬品】

ウチダの安中散(原末)【第2類医薬品】 100g

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,
副作用・事故が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと  
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に
医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等
を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は
副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,
この文書を持って医師,薬剤師
又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない
場合は服用を中止し,この文書を持って
医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

効能・効果

やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向
にあり,胃痛又は腹痛があって,
ときに胸やけ,げっぷ,
食欲不振,吐き気などを伴う
次の諸症:神経性胃炎,慢性胃炎,胃アトニー

用法・用量

次の1回量を1日3回食前または食間に服用する。
[年齢:1回量] 大人(15歳以上):2g
15歳未満7歳以上:大人の2/3の量
7歳未満4歳以上:大人の1/2の量
4歳未満2歳以上:大人の1/3の量
2歳未満:大人の1/4以下の量

用法関連注意

(1)添付のサジはすり切りで,
大サジ1杯が約1g,小サジ1杯が約0.1gです。
(2)小児に服用させる場合には,
保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には,
医師の診療を受けさせることを優先し,
止むを得ない場合にのみ服用させること。

成分・分量(14g中)

ケイヒ 4g
エンゴサク/ボレイ 各3g
ウイキョウ 1.5g
シュクシャ/カンゾウ 各1g
リョウキョウ 0.5g
添加物なし

保管及び取り扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない
涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(誤用の原因になったり品質が変わる。)

中屋彦十郎薬局の安中散料【第2類医薬品】

中屋彦十郎薬局の安中散料(煎じ薬)【第2類医薬品】 30日

効能・効果

やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、
胃痛又は腹痛があって、
ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、
はきけなどを伴う
次の諸症:神経性胃炎、慢性胃炎、胃アトニー

用法・用量

本品1包に水約500mlを加えて、
半量ぐらいまで煎じつめ、
煎じかすを除き、煎液を3回に分けて
食間に服用する。
下記は大人の1日量である。
15才未満7才以上 大人の2/3、
7才未満4才以上 大人の1/2、
4才未満2才以上 大人の1/3、
2才未満 大人の1/4以下を服用する。

成分及び分量又は本質

日本薬局方ケイヒ/ボレイ/エンゴサク 各3.0g
日本薬局方シュクシャ/ウイキョウ/カンゾウ 各2.0g
局外生規リョウキョウ 1.0g
添加物なし

保管及び取り扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない
湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。

安中散料【煎じ薬の作り方】

漢方薬の煎じ方
(自分で生薬から漢方を煎じてみたい。そんな時にどうぞ。)

生薬の販売
(漢方処方の基本、生薬について。生薬を組み合わせて、漢方薬を煎じることができます。)
(各々の生薬について効能・効果を詳しく知る事ができます。)

★症状から漢方薬を探す
(お悩みの症状から検索して、どんな処方がいいのか大まかにわかります。)

体の部位で漢方を探す

自覚症状から漢方を探す

漢方薬販売
(その他の漢方処方薬を買いたい方はこちらをご覧ください。
各々の漢方処方について解説しております。)

漢方相談できます→「漢方問診表」
( ネット上から漢方相談が可能です。)


※※ご相談なさりたい場合は「漢方相談問診表」をご利用ください。


©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920-0981 石川県金沢市片町1丁目1-29混元丹ビル TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921-8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366

薬局内キーワード検索

www.kanpoyaku-nakaya.com を検索
お買い物かご
買い物かごでお買い物をすると100円に付き1ポイントたまります。ポイントは次回のお買い物から1ポイント=1円でお使いいただけます。
プライバシー保護 SSL
商品を注文するには
特定商取引法の表記
会社案内
サイトマップ
メールマガジン
みなさまの相談例
中屋彦十郎薬局の
ブログ薬日記
中屋彦十郎
YouTubeー紫根
twitter facebook