枇杷葉 (ビワヨウ、びわよう):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●枇杷葉 (ビワヨウ、びわよう)

枇杷葉(ビワヨウ)生薬・漢方薬の通信販売ページ

第三類医薬品、江戸時代、天秤棒で荷を肩にした枇杷葉湯売りが、夏の町を流し歩いていたという。それは渇をいやすだけでなく、暑気あたり、下痢止めの薬でもあった。枇杷葉に肉桂や甘草など七味を加えて煎じたのが枇杷葉湯で江戸の夏の風物詩であったという。

起源 バラ科のビワの葉を乾燥したもの。一般に細かく刻まれて市販される。中国では江蘇省のものを「蘇枇葉」、広東省のものを「広枇葉」と称している。中国から渡来したといわれる。高い木で10メートルに近い。葉の質は厚くて硬く、長さ15〜20cm、幅3〜5cmの楕円形。葉の裏には褐色の毛が密生している。秋から冬にかけて芳香性の白い花を開く。果実は4〜5cmの卵形で、初夏になると橙色に熟す。和名のビワは葉や果実が枇杷ににているから名付けられたとか。
産地 日本(四国) 、中国 (広東、広西、江蘇、浙江省に主産主産し、江蘇省が産量最大。広東省が品質最良である。
成分 トリテルペノイドのウルソール酸、オレアノール酸、精油 0.04〜0.10%、アミグダリン、有機酸を含有する。
薬理作用 抗菌 (煎液、黄色ブドウ球菌) 。
応用 鎮咳、去痰、利尿、健胃、鎮嘔薬として、久しい咳(慢性の咳)、暑気あたり、浮腫などに用いる。また民間的に皮膚炎やあせもに葉を煎じた汁で湿布する。浴湯料としても用いられる。
処方例 辛夷清肺湯など。
用法・用量 煎剤、丸剤、散剤。1日1.5〜3.0グラム。

枇杷葉 中国 寸切 500g

枇杷葉 中国 刻み 500g

枇杷葉 日本 丸切 500g

枇杷葉 中国 粉末 500g

枇杷葉エキス末 日本産 100g

枇杷葉エキス末 日本産 500g

≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る

<使用上の注意>
 体質や体調により合わない場合は摂取を中止してください。

<取扱上の注意>

  1. 開封後は、性質上吸湿することがありますので、湿気を避け、直射日光の当たらない涼しい場所に保管し、なるべく早めにお召し上がりください。  
  2. 本品は天産品ですので、色・味・においなどが多少異なることがありますが、品質には問題ありません。  
  3. 本品には防虫・防カビのために脱酸素剤が封入されておりますが、これを本品と一緒に煎じたり、食べたりしないようご注意ください。

>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366