芒硝(ぼうしょう、ボウショウ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
漢方・生薬TOP ハーブ類 ガンと闘う
健康食品
漢方薬
漢方相談
サイトマップ 精力剤 健康食品


●芒硝(ぼうしょう、ボウショウ)

芒硝 生薬・漢方薬の通信販売ページ

第三類医薬品
神農本草経の中品に朴消の原名で収載されている。
芒硝、消石朴、硝石は混同し混乱している。
含水硫酸ナトリウムを芒硝としたのは蘭学者宇田川榕庵であるが、近年の正倉院御物の研究により硫酸マグネシウムであることが立証された。
いろいろ古典を調べると芒硝と硝石は同一物であり、朴消は硝石を製する原鉱物であるとされ、朴消は純粋な含水硫酸ナトリウム
ではなく種々の塩類を含んだものといえそう。
製塩の際には芒硝や硝石は副産物として得られる。
やはり硝石は硝酸カリウムである。
「基源」
芒硝は天然の含水硫酸ナトリウムで数%から10%の瀉利塩などの塩類が混ざっている。
「産地」
中国;河北、山東、河南、四川、江蘇省などに産する。
「成分」
芒硝中に硫酸ナトリウム96〜98%を含み、微量の塩類などの無機塩を含む。
「作用」
硫酸ナトリウムは水には溶解するがマグネシウム塩と同様、腸管からの吸収はほとんどなく、腸管内に
水分が貯留し、そのために腸壁を刺激し蠕動運動がおこり瀉下作用がおきる。
「用途」
緩下、消化、利尿薬として用いる。

芒硝 日本 粉末 500g 1,000円(税込1,080円)

注文数

馬牙硝

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301