田七人参

その秘密は、サポニンやミネラルなどの含有量の違いにあります。1〜3年根は、糖質が多くサポニンは量も種類も余り多くありません。ところが、6年根になると、32種類のサポニンがバランスよく均一に含まれるようになり、しかもその含有量は1〜2年根の3〜4倍。同種の高麗人参との比較でも、高麗人参の0.3〜3%に対して、6年根の田七人参は7〜12%も含まれています。また、ミネラル分も多く含まれ、例えばマグネシウムは1〜2年根の約2倍も含まれています。
田七人参の名は知らずとも「雲南白葯」「片仔広」といえば、漢方に興味のあるかたなら、ご存知でしょう。これらは、田七人参を主成分とした製品で、「田七」といえば「雲南白葯」といはれるほどです。現在、中国の厚生省および医薬品政策局は「雲南白葯」のほごのために「雲南白葯」を製造できるのは政府系の大手企業「雲南白葯集団股ふん有限公司」一社のみと定めています。
「雲南白葯」には古くからいはれている止血、鎮痛、炎症を鎮める作用だけでなく、生体の免疫力、自然治癒力をたかめる作用があつて、今日では中国はもちろん、日米欧の医・薬学会において、その優れた薬効をしめす臨床例が数多く報告されています。

  1. 「田七」の由来
    田七人参、別名三七人参はウコギ科ニンジン属の多年生草本で、学名はPanaxNotoginsengです。Panaxとは万能薬という意味です。茎が三つにわかれていて葉が7枚あることからその名がついたといわれています。
  2. 約2000年前の文献に登場
    「田七」は約400年前の明時代に編集された「本草綱目」に「血を止め、お血を留めず、痛みを鎮め、毒を消す」と田七人参の薬効が具体的に示されています。
  3. 不老長寿の秘薬
    田七人参は止血効果が高いことから、戦場に刀傷などの特効薬として用いられてきました。しかし、最上質の6年根は不老長寿の秘薬として、別名「金不換」とよばれていました。
  4. 曲煥章が「雲南白葯」を開発
    田七人参を主成分とした「雲南白葯」は中国国民の注目を集めましたが、逆に希少価値の田七人参を国内外へ広めたとして、曲煥章は処罰されています。
  5. 田七人参は世界各国で研究され、糖尿病、高血圧、心臓病、肝臓障害などの人たちに応用されています。また、細胞活性化作用が顕著で、老化を防ぎ生体の免疫機能を高めることが明らかになってきました。

活性酸素を除去

現在死亡率のトップを占めているガン、脳卒中、心臓病をはじめ、糖尿病、肝臓病などのいわゆる「生活習慣病」の原因の一つに、活性酸素があげられています。酸素を吸収している私達の体内では、活性酸素が常に生産されているのですが、本来は自然にスカベンジャーという物質がそれを除去し、バランスを保っています。ところが、そのバランスが崩れ、活性酸素が増えると、正常な細胞を傷つけさまざまな病気の要因になっているのです。田七人参には、強力なスカベンジャー役として、活性酸素を退治するといわれています。