フジバカマ(佩蘭・澤蘭):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
漢方・生薬TOP ハーブ類 ガンと闘う
健康食品
漢方薬
漢方相談
サイトマップ 精力剤 健康食品


●フジバカマ(佩蘭・澤蘭)

フジバカマ(藤袴・佩蘭)生薬・漢方薬の通販・販売
第二類医薬品、日本の関東以西、朝鮮半島、中国に分布するキク科の多年草、フジバカマの茎葉を用いる。
中国原産だが古くに日本に帰化した植物で、秋の七草としても知られている。
かって中国では蘭といえばフジバカマのことを指していて蘭草とも呼ばれていた。
現在、中国市場では佩蘭とはフジバカマのことを指している。澤蘭ともいう。
なまのフジバカマには香はないが、乾燥させるとクマリン配糖体がオルトクマリン酸となり、桜餅のような香りがする。
全草に精油1.5〜2.0%含まれる。
また水性エキスには血糖降下作用や利尿作用がある。
夏の胃腸風邪には使うと効果がある。
中医学では佩蘭は芳香化湿薬である。佩蘭は湿濁によって生じる脾の要薬と言われ口が粘る、口臭がする、みぞおちがはる、
食欲不振、消化不良、吐き気、嘔吐、軟便、倦怠感などに応用する。
糖尿病や浮腫にも用いられ、痒みに浴用剤としても用いられる。
煎剤、散剤、丸剤。1日3〜6グラムを利用する。

フジバカマ(佩蘭・澤蘭) 中国 刻み 500g 5,400円(税込5,832円)

注文数

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL
本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366