芥子(がいし):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●芥子(がいし)

芥子(がいし、ガイシ)生薬・漢方薬の通信販売

「第三類医薬品」

アブラナ科の越年草、カラシナの種子を芥子という。
原産地は中央アジアあたりか、種子の色からカラシナ、シロカラシ、クロガラシに区別される。
カラシナは「和からし」、シロガラシやクロガラシを「洋からし」に用いる。
カラシナはアブラナとクロガラシの自然交配といわれ、種子の色は黄褐色のためブラウン・マスタードとも呼ばれる。
生薬としてはシロカラシの種子白芥子(びゃくがいし)といっている。
一般的には日本では芥子、中国では白芥子が使われる。
商品は白芥子である。

芥子および黒芥子の辛味成分はシニグリンであるが、白芥子の成分はシナルビンである。

シニグリンそのものには辛味も刺激性もなく、すりつぶして粉にして水で練り合わせると、酵素のミロシンの作用により加水分解されて 強い辛味と刺激性を持つアリルイソチオシアネートを生じる。
揮発性のため刺激があり、熱感も生じる。
一般に芥子の粉は脱脂して用いる。

漢方では辛味性健胃薬や去痰薬として用いる、貼付薬として用いられる。
リュウマチや神経痛には局所に塗り、肺炎や気管支炎には粉末を水で練って糊状にしたものを貼付したりして用いる。
3時間ごとに貼付位置を変えないと刺激で赤くはれ上がったりするから注意が肝要である。

芥子(がいし、ガイシ)生薬・漢方薬の通信販売

・左は黒芥子、右は白芥子である。

芥子(白芥子) カナダ 生 500g
2,100円(税込2,268円)

注文数

芥子(白芥子) カナダ 粉末 500g
1,800円(税込1,944円)

注文数


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366