ハトムギ(はとむぎ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
漢方・生薬TOP ハーブ類 ガンと闘う
健康食品
漢方薬
漢方相談
サイトマップ 精力剤 健康食品


●ハトムギ(はとむぎ)

ハトムギ(はとむぎ)生薬・漢方薬の通販・販売ページ

健康食品、はとむぎは外殻 (総苞)がついたままで、黒褐色である。皮付きよく苡仁ともいう。神農本草経の上品に種仁である「よくいにん」の名で収載されている。

起源 イネ科のハトムギの苞鞘に包まれた実を乾燥したもの。外殻 (総苞) を開き果皮および種皮を除いた種仁を「よくいにん」という。
産地 中国 (福建、河北、遼寧省などに主産し、福建、河北省が産量、質ともに良好である) 。東南アジア各地、主としてベトナム、タイ、中国南部、台湾産のものが輸入される。日本出も栽培されているが、産量はすくない。
成分 脂肪油を7パーセント含有し、蛋白質を18%、デンプンを約52%含有している。
応用 皮膚を美しくする健康食品として用いられる。
処方例 麻杏よく甘湯、などによくいにんとして配合する。ハトムギは民間的には茶剤とする。
用法・用量 煎剤。散剤。1日2〜6グラム。

ハトムギはイネ科の一年生植物、春まき秋収穫で、全国各地の畑に栽培されています。ハトがよく食べるのでハトムギという名があります。ハトムギは野原や土手でよくみかけたジュズダマより粒が小さく、楕円形で殻の硬さもジュズダマほどではありません。殻を破ると白い肉があり、噛むと歯にねばりつきます。
この白い果肉をヨクイニンといい、肌をきれいに したり、驚くほど効果が出て、輝くような美しい肌になるというのです。
また、イボ取りにも使われています、いずれにしても、肌を きれいにすると言う点では共通しているようです。
脂肪油が7%含まれ、蛋白質18%、澱粉質52%、グルカン、そのほかに今注目の物質コイキセノリドが含まれているという、非常に重要な食品であり、漢方薬なのです。漢方薬名をヨクイニンといい、他の処方と合法 (がっぽう) される ことが多いのです。

  1. ヨクイニンのかゆを主食にする。
  2. 煎じて飲む。
  3. 美容効果を期待してヨクイニンの煎じ液を飲むと、皮膚の栄養補給に役立ちます。荒れ性や、鮫肌、吹き出物のでやすい皮膚や、あかぎれや、つやのない肌によく、なめらかでつやつやな肌になります。
  4. ヨクイニンを入浴剤として、また石鹸の材料として使うと美肌効果が期待できます。
  5. WTTCの材料として使う。
ハトムギは外皮付きで茶色、ヨクイニンは外皮を除いた白色ヨクイニン
ハトムギ(茶色) タイ 生(焙) 500g 1,500円(税込1,620円)
注文数


ハトムギ(茶色) タイ 砕(焙) 500g 1,500円 (税込1,620円)
注文数


ハトムギ(茶色) 中国 生 500g 800円(税込864円)

注文数


ハトムギ(茶色) 中国 粉末 500g 1,700円(税込1,836円)
注文数

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301