片仔広

  1. 目が充血しがち、目がみえにくくなった、顔の色がなんとなく黒い
  2. 顔にしみが出る、鼻の頭が赤くなった、歯茎の色が黒くなった
  3. 胃に空気がたまつて胸が苦しい、下腹部がはる
  4. 皮下脂肪組織をつまむと硬くて痛い、下半身が冷える、血管が浮きだしてきた
  5. 耳鳴りがするようになった、赤ら顔になつてきた、肩がこる
  6. 心臓の付近が時々刺すように痛む、腰痛がある、手がしびれたりふるえたりする
  7. 便秘がちになった、内出血をおこしやすくなった

以上のような症状をお持ちのかたは血液の流れーお血を考えられ片仔こうを常用することをおすすめします・

片仔広の成分の解説

田七

ウコギ科の人参属に所属し、朝鮮人参の仲間です。

用量 補精、強壮、鎮静、抗糖尿病用薬、特に胃腸の衰弱のよる新陳代謝の低下した者の諸疾患に有効です。
薬理実験 冠状動脈の血流量増加、肥満減少、高脂血症低下
臨床治療 心血管疾患によい 有効率 (約89〜97%)、抗脂血症の改善、眼底出血への効果、肝・胆疾患などで上昇するGPT値を改善

蛇胆

成分 胆汁酸、その他
効能 胆汁分泌促進作用、軽度の利尿作用、殺菌作用
効果 消炎、利胆、解熱、鎮痛、強壮、強肝、苦味健胃作用、下痢、霍乱

タウリン

用途 肝・循環機能改善、肝疾患、胆嚢疾患、肝保護、解毒、胆汁分泌促進利胆、代謝促進、栄養動物の生理的成分の一つ。必要に応じて生合成され、胆汁酸と結合してタウロコール酸の形で胆汁に排泄される。タウロコール酸は、十二指腸では酸度を低下させ腸管内では脂質を乳化し、消化酵素を賦活し、消化と吸収を助け、ビタミンの吸収など促す。胆汁の分泌を増加させ、利胆、代謝促進作用を持つ。

ハトムギ末

用途 老化物を排出する効果が高く利尿作用があるので、むくみなどによく、タウリンなどの働きを助ける。また、健胃、お肌のトラブル、婦人科系の病気に良い。

霊芝エキス末

用途 鎮静作用、中枢神経抑制作用、鎮痛作用が認められている。末期ガンの疼痛や、不眠症、ノイローゼ、神経衰弱などに有効。その他、強心作用血圧低下作用、肝臓に対する保護作用、腫瘍などに対する効果が確認されています。

ビタミンE

効果 血液の循環をよくし、脳に十分な酸素を補給したり、新陳代謝に必要な酵素の働きを促したり、細胞の老化を防ぐなどに役立つ