淫羊かく(インヨウカク):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●淫羊藿(いんようかく、イカリソウ)

イカリソウ,イカリ草、生薬名は淫羊霍(いんようかく)

第二類医薬品
淫羊かくは神農本草経の中品に収載される。

起源 メギ科ホザキノイカリソウ (湖北、四川など) 、ヤチマタイカリソウ (陝西、湖南、遼寧など)の茎ときには全草を乾燥したもの。キバナイカリソウ (朝鮮半島) 、イカリソウ (長野) 、ウラジロイカリソウ (新潟)の地上部の乾燥品。雄の羊がこれを食べると一日百回交合するという言い伝えもある。
産地 中国 (華北、華中、東北、雲南、広西) 、朝鮮半島、日本。
成分 葉、茎には配糖体エピミジン、およびフラボノイドのイカリイン、そのほかリグナン、イカレジノールなどを含む。エピメジンには性ホルモンの分泌を促し、神経を刺激する作用がある。淫羊藿の煎じ液には催淫作用のほか、抗ウイルス・抗菌作用、鎮咳、去痰作用のほか生殖機能の低下、老化に伴う衰弱、関節の痛みなどに用いられてきた。
薬理作用 内服した場合には精液分泌促進作用 (催淫作用) 。煎剤はポリオウイルスに対する抑制作用。茎、葉の抽出エキスには鎮咳・去痰作用、降圧作用が報告されている
応用 内服すれば強請、強壮薬としてインポテンツ、腰膝軟弱、半身不随、リュウマチなどに用いられている。
用法・用量 煎剤、酒剤、丸剤、散剤。1日3〜10グラム。
淫羊かく 中国 丸切り 500g
3,200円 (税込3,456円)

注文数

淫羊かく 中国 粉末 500g
2,400円(税込2,592円)

注文数

※よく併用される生薬※

黄精

何首烏

枸杞子

マムシ


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366