肝臓病   お買い物かご     メルマガ   サイトマップ

漢方古方派の処方で肝の処方各種<第2類医薬品>

  • 茵蔯蒿湯

    気分が重く、胸がふさがったようで、食欲がなく、悪心があり、大小便ともに出が悪く、口渇があり、黄疸や浮腫がある場合に用います。大柴胡湯や小柴胡湯と合方して用いる場合が多い。
  • 茵蔯五苓散

    口渇と尿不利黄疸を目標として用いる。
  • 小柴胡湯 合茵蔯五苓散

    肝臓の腫大、黄疸、腹水があり、口渇、疲労倦怠食欲不振を訴え、便秘傾向で尿量減少などの症状があるときに用います。
  • 小柴胡湯 茵蔯蒿湯

    肝臓の肥大、疲れやすい、体がだるい、黄疸、便秘などの症状があるが、体力がまだかなりある場合にもちいます。
  • 大柴胡湯 茵蔯蒿湯

    小柴胡湯合茵蔯蒿湯を用いる場合よりもさらに体格がよく実証で、腹部が全体にかたく張っていて、便秘がちで体力のある人に用います。
  • 人参湯 五苓散

    肝硬変が進行して、腹水、黄疸、浮腫、全身衰弱のあるものに用います。
  • その他

    竜胆瀉肝湯などを用います。肝炎、肝硬変症には 片仔広 (へんしこう) も併用するといいかと思います。
©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1−29 TEL/FAX 076-231-1301
工場 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21−9 TEL076-245-3366