お買い物かご     メルマガ   サイトマップ

吐き気

吐き気または悪心は、ムカムカして吐きそうな気分をいう。吐き気は胃や腸に病気があるためにおこることがもっとも多いが、そのほか肝臓疾患、腎臓病、生殖器の疾患、扁桃炎、妊娠、脳腫瘍、ヒステリー、目や耳の疾患でもおこります。

  1. 小半夏加茯苓湯
    中等度の体力の人の吐き気または嘔吐で、動悸やめまいもするようなもの、胃につかえた感じがあり、尿の出が少ないものにもちいます。この処方は、つわりの嘔吐にも用いて効果があります。
  2. 呉茱萸湯
    つよい悪心があって吐いたり、発作性の激しい頭痛があって吐く時に用いられる。吐くものの量が少ない場合に用います。
  3. 小柴胡湯
    体力は中等度の人で、胸脇苦満や舌の白苔があったり、口が苦かったりして歯をみがくときなどに吐きそうになる場合に用います。
  4. その他
    五苓散・半夏瀉心湯・人参湯、四逆湯・大黄甘草湯などがあります。
©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1−29 TEL/FAX 076-231-1301
工場 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21−9 TEL076-245-3366