金時生姜(きんときしょうが、キントキショウガ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●金時生姜(きんときしょうが、キントキショウガ)

生姜、乾姜、生薬・漢方薬の通信販売

第三類医薬品

生姜は神農本草経の中品に「乾薑」の原名で収載されています。
薑は彊なりと書かれていますが通常は薑は姜をさしています

起源 ショウガ科のショウガの根茎。
現在日本市場には「生姜」と「乾姜」の二種があります。
生姜はショウガの根茎のコルク皮を去り、そのまま乾燥したもの。乾姜は蒸乾したもの。
中国産のものには皮つきのもの、四川省産の「均姜」もあります。
古来漢方処方で用いられる生姜は、いわゆる「鮮姜」のことで、ショウガ科の生の古根 (ヒネショウガ) をそのまま用い、乾姜と方書に記されたものは乾燥品を用います。
現在市場の生姜は漢方でいう「乾姜」のことで「乾生姜」と称しています。
産地
  1. 中国、四川、貴州を主産地とする均姜、および浙江省 (台均姜) 、そのほか山東、陝西 (鮮姜) 。
  2. 日本市場にはタイ、ベトナム、台湾などに産するものがでまわっています。
    原産地はインド、東南アジアとする説が一般的ですが、春秋戦国時代の文献にも記載がみられることから、中国とする見方もある。
成分 精油を0.25〜3.0%含有し、辛味成分0.6〜1.0% (ジンゲロール、ジンゲロンなど) が含まれている。
薬理作用 中枢抑制 (6-ジンゲロール、6-ショウガオール) 。鎮痛 (6-ショーガオール) 。プロスタグランジン生合成阻害 (6-ジンゲロール、6-デヒドロジンゲロン) 。鎮痙 (精油) 。伝導麻酔 (水エキス) 。抗腫瘍 (水エキス) 。嘔吐抑制 (生姜汁) 。
応用 芳香性健胃、嬌味、食欲増進薬。
日本の漢方でいう生姜は、新陳代謝機能を促進し、水毒をさる目的で嘔吐、咳嗽、腸満、陽実証の発熱、鼻ずまりなどに用います。
一方、乾姜は腹冷痛、腰痛、瀉下などに用います。
一般には生姜は乾姜より健胃、鎮嘔の効が大であり、乾姜はもっぱら裏寒の証において中をあたためるために用いるとされています。
処方例
  1. 生姜 小半夏湯、小半夏加茯苓湯、橘皮湯
  2. 乾姜 大建中湯、苓桂朮甘湯、など、生姜の粉末は胃腸薬の配合剤にします。
用法・用量 煎剤、3〜9グラム。粉末の1日最大量は1グラム。
同類生薬 中国の薬局方では「生姜」は新鮮なショウガの根茎であると規定されています。
また「干姜」は日本でいう「乾姜」に相当するものは「炮姜」の名で収載されています。
金時生姜(きんときしょうが)と呼ばれ発汗、健胃作用の優れたものがある。
発汗作用;蜂蜜や混元丹飴とともに煎じると効果が倍増する。
健胃作用;生姜は嘔吐の聖薬と呼ばれるほど作用が顕著である。
消化機能を高め燃焼を促進させる働きがある。
生姜・乾姜、生薬・漢方薬の通信販売
金時生姜 日本 刻み 500g
19,800円(税込21,384円)

注文数

※比較参考される生薬※

生姜

乾姜


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366