漢方相談 生理不順・月経困難症:漢方相談
 
お買い物かご     メルマガ   サイトマップ

生理不順・月経困難症

生理不順は生理の期日が遅れたり早かったりで順調でないものをいう。月経困難症は、生理中に不快な症状 (下腹痛、腰痛、悪心、嘔吐) を訴えるものをさします。漢方では、患者さんにお血 (おけつ) をみとめる場合が多く、その場合に駆お血剤とよばれる処方を用いて治療をおこないます。

  1. 当帰芍薬散
    顔色が蒼白で、貧血気味、腰や下腹部、足が冷えて、虚弱体質で疲れやすいときに用います。
  2. 加味逍遥散
    生理不順で精神的にイライラしたり、怒りっぽくなったり、気分が落ち着かず、物事が気に係り、不眠、冷え、のぼせがあり、疲れやすい時に。
  3. 桂枝茯苓丸
    体格は普通以上ですが頭痛、のぼせ、肩こりがあり、生理時にとくに強く現れる。また腹部が張った感じを訴え、月経が数ヶ月以上とどこっている場合や遅れがちな場合、月経の量の少ない場合、月経の1日、2日目に腹痛や腰痛のある場合が目安です。
  4. 芎帰膠艾湯
    月経量が多く、長引くために貧血するとき、出血をとめるとともに、増血作用もあります。
  5. 当帰建中湯
    月経がおわる頃、または月経がおわったあとで腹痛や腰痛のおこる人に用います。その他、桃核承気湯、三黄瀉心湯、黄連解毒湯、半夏厚朴湯、柴胡桂枝湯、四物湯、十全大補湯などを使います。
©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 本部・事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 店舗・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301