杏仁;漢方薬、生薬、外用

 
漢方薬   お買い物かご     メルマガ   サイトマップ

杏仁 (きょうにん)

神農本草経の下品に「杏核仁」の原名で収載されている。

起源 バラ科のホンアンズ、およびアンズの種子。「苦杏仁」と「甜杏仁」の別があるが、種子のアミグダリン含量の違いのみで、植物形態的な違いはありません。
産地 中国 (遼寧、河北、吉林省) 、日本(長野)
成分 青酸配糖体のアミグダリンを約3%。オレイン酸などの脂肪油を約50%を含む。
薬理作用 内服すれば解熱、気管平滑筋弛緩、鎮咳、抗炎症、駆虫、殺菌作用が報告されている。
応用 内服では鎮咳、去痰、利水薬として、喘息、咳、呼吸困難、浮腫、腸燥便秘などに応用する。
処方例 麻黄湯、麻杏甘石湯、麻杏よく甘湯、大青龍湯など。
用法・用量 煎剤、散剤。1日2〜5グラム。外用。

杏仁 中国 刻み 500g 1300円 (税込1365円)



杏仁 中国 粉末 500g
注文数
2500円(税込2625円)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 本部・事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 店舗・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301