孫太郎虫(まごたろうむし):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
漢方・生薬TOP ハーブ類 ガンと闘う
健康食品
漢方薬
漢方相談
サイトマップ 精力剤 健康食品


●孫太郎虫(まごたろうむし)

健康食品
日本固有の代表的な民間薬である。

宮城県刈田郡斉川村産のものが有名で、この薬用昆虫は、小児の疳の薬として広く販売されていた。

孫太郎虫はヘビトンボ科に属するヘビトンボの幼虫である。ヘビトンボ科の幼虫は80種余りが知られている。

幼虫は釣り餌にも利用される。ヘビトンボの幼虫は川底の砂石間に生息し、トンボ、トビケラ、カゲロウなどの水性昆虫の若虫を捕食し、二〜三年で幼虫期を終え、水岸の石、材木の下で蛹化し、初夏に羽化する。

「この斉川村には伝説があったという。
永保(1081〜3年)の頃、斉川に住む桜戸という美しい女房がいて、かねがね父の仇を討とうとしていた。
その子、孫太郎は生来虚弱で疳が高く、七歳の頃に大病で重態に陥る。
桜戸は鎮守社である田村神社にこもって祈願したところ、”斉川の小石の間の虫を食せしめよ”という神託があった。

その通り孫太郎にこの虫を食べさせたところたちまち回復し、その後は健康に成人し、首尾よく仇討ちを遂げたというのである。」
この虫を孫太郎虫と名ずけたという。

その後、仙台から江戸にかけて販売されるようになった。
孫太郎虫の採取は10〜11月頃に行われる。
孫太郎虫は泳げないので、熊手のようなもので、網に追い込んで捕らえるのだという。

「基源」
ヘビトンボ科のヘビトンボの幼虫の乾燥体。幼虫の大きなものは6センチに達するものもある。
成虫は雄4センチ、雌5センチくらい。
「産地」
日本全国、宮城、群馬、長野、栃木、福島、山梨の各県。
「成分」
アミノ酸、脂肪、パントテン酸など。
「効能」
小児の疳に1日、1串(5匹)。砂糖醤油につけて焼いて食する。

孫太郎虫 生薬・漢方薬の通信販売ページ
孫太郎虫 日本 生 一箱(約14g) 50,000円(税込54,000円)
注文数

※在庫わずか。再入荷の見込みなし、ご容赦ください。

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301