生薬漢方薬のメールマガジン配信中!

生薬・漢方薬TOP  ハーブ類 野菜・果物粉末類 漢方薬・漢方相談 サイトマップ 精力剤 健康食品

生薬漢方薬は金沢中屋彦十郎薬局
 
中屋彦十郎がお届けする、金沢、生薬漢方薬についてのメールマガジン

「金沢の漢方薬、生薬専門店」バックナンバー

中屋彦十郎薬舗による「尾山のくすり大将」第161号   2005年5月30日


江戸時代の薬(附子(ぶし))、薬酒の楽しみかた(丁香酒(ちょうこうしゅ))

--------------------------------------------------------------------------------

附子(ぶし)

「附子(ぶし)」

観賞用に栽培されるハナトリカブトに対し、山に自生する キンポウゲ科の多年草をヤマトリカブトと呼んでいる。

北半球に広く分布しており、その地方の原住民たちはその 根から矢毒を造ったりした。

猛毒成分も裏返せば薬の原料 にもなるわけでその減毒をすることで、漢方処方の研究と 応用が広がってきた。

毒成分は全草にふくまれているが、特に塊根部に多い。

主成分はアルカロイドのアコニチン、メサコニチン、アコ ニンなど。

中毒症状は強い痙攣を起こして死にいたるという 。

塊根をそのまま風乾したものが烏頭、それに操作を加えて 減毒したものが附子である。

江戸時代では塊根を塩水に浸してから生石灰をまぶして、 乾燥して毒成分を減らして使われた。

漢方の八味地黄丸の原料として、漢方医で使われた。


薬酒の楽しみかた(丁香酒(ちょうこうしゅ))

「丁香酒(ちょうこうしゅ)」

丁香六十グラム、甘味料三百グラム、焼酎一リットル。

以上 を壜に詰め、貯蔵すること一ヶ月、これで大体成分は浸出 する。

二、三ヶ月してから、布でこして粕はすてる。

暗紅色のピリッとした舌を刺激する薬酒ができる。

一日の用量は盃に一〜二杯。

中国では1千年前から使われた精力剤であり媚薬である。

--------------------------------------------------------------------------------



(発行者)(株)中屋彦十郎薬舗 中屋彦十郎  石川県金沢市緑が丘21-9

--------------------------------------------------------------------------------

掲載された記事を無断で転載することは禁じます。

生薬・漢方薬メニュー
〜生薬〜
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
 
〜漢方薬〜
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談中国漢方販売
 
〜薬用酒・茶・薬膳〜
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
薬湯(生薬を使った浴用剤)
 
〜精をつける〜
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
薬(医薬品)の作り方
 
〜生薬について考察〜
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
〜その他取扱品目〜
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
カレー粉の原料・通販
香辛料通販

下記症状の方ご相談下さい

足のつる人
浮腫 (むくみ)
せき・たん
口臭
花粉症・鼻炎・蓄膿症

前立腺肥大症
頻尿・排尿痛・残尿感
夜尿症

自律神経失調症
不眠・ノイローゼ

頑固なニキビで困っている
シミ、ソバカスを何とかしたい
肌荒れ・湿疹・アトピー体質
蕁麻疹
歳のせいか体がかゆい

流産ぐせ
なかなか子供ができない
やせすぎ

しゃっくり

ど忘れ・物忘れしたりやる気がない
膝がいたくて歩けない

e-shopsカレンダー

漢方薬・生薬の中屋彦十郎薬局
営業カレンダー



ツイッター


FaceBook


漢方
漢方


  Shop-Bell   漢方

漢方薬・生薬のランキング

漢方薬,生薬,薬草,健康食品,漢方相談の
©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL
〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301