生薬・漢方薬のメールマガジン配信中

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
 
生薬
生薬一覧へ戻る
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬一覧へ戻る
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 

漢方薬?生薬?民間薬?
違いを考える。

ハーブ類販売一覧
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
T O P
煎じ方 生薬貯蔵法 煎じ道具

中屋彦十郎がお届けする、金沢、生薬漢方薬についてのメールマガジン

「金沢の漢方薬、生薬専門店」バックナンバー

中屋彦十郎薬舗による「尾山のくすり大将」第31号   2002年11月4日


精力剤(二)


精力剤(二)

1998年オランダ・アムステルダムで開かれたSIR(国際インポテンス学会)で報告された「日本人男性のED(勃起不全)有病率」によりますと、 40歳〜45歳で16%、46〜50歳になると20%、51〜55歳では36%と上昇し、56〜60歳では47%と二人に一人まではねあがっていきます。

 しかもその内10%はどうやっても勃起しない勃起不全だというのです。 また日本で行われたEDに関する疫学調査でも、日本人の40〜70歳の半数以上が何らかの原因で勃起不全、勃起不能になっているというのです。

 こういう状態ですから、多くの男性が「精力減退」について深刻な悩みをもっているといえそうです。 男性は精力が減退してくると仕事に対する挑戦や、新規の物事にたいする取り組みがおちてきたりひどくなると鬱状態に陥ったりするのです。

 SEXが自然な状態で行えると、女性には理解できないかもしれませんが、征服感が達成されて、モリモリと仕事に対する意欲がわいてくるのです。

 精力減退の具体的な症状としては  一.勃起不全  二.勃起不能  三.早漏・遅漏  四.その他(スタミナ不足)  の四つがあげられます。

  第一の勃起不全というのは「性交時に十分なだけの勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」といわれています。 つまり、ある程度勃起するのですが挿入できるほどでない、仮に挿入できても途中で柔らかくなってしまう、いわゆる中折れの状態を指しているのです。

 まさに青天の霹靂のようなことがある日突然現実のこととなるのです。

 女性に「いいわよ気にしないで」などといわれると、ますます気になってくるのです。

 中高年にとってはSEXの悩みのシンボルのような勃起不全ですが、最近は中高年だけではなく若い人にもみられるようになりました。 固くならないうちに射精してしまうという場合があり、これも勃起不全の一種です。今、若い人の間にも急速にふえてきています。

 男性なら、元気な時は女性のヌードをみたりするとペニスが固くなったりします。これは視覚のとらえたものを脳が察知し、大脳から勃起を起こす中枢神経に命令が伝わってペニスが固くなるのです。

 固くなるというのは、性的に興奮すると20〜30mlの血液が一気にペニスの血管に流れ込んでくるわけです。

 ところが、勃起を促す中枢神経の働きが弱くなると、ペニスへ流れて血液の量が少なくなり、十分に勃起しなくなります。これが勃起不全です。

 勃起不全をおこす原因にはつぎのようなものがあります。

 一.男性ホルモンの分泌低下  二.糖尿病、高血圧症、心臓病など慢性病の影響  三.勃起中枢神経の遮断  四.ストレスなど生活環境・精神面の影響  五.薬の乱用  このうち、もっとも多いのが男性ホルモンの分泌低下です。

 男子更年期の年齢である40代から多くみられる症状で、加齢からくる自然現象ともいえます。 男性ホルモンとは生殖機能の働きを促すためのものですから、分泌されなくなると勃起能力がなくなり、性欲そのものが低下するだけでなく、 射精をコントロールする射精平滑筋の機能も衰えて、早漏になったりするのです。

 糖尿病、高血圧症、心臓病などのよる影響。糖尿病になると精力が減退することは良く知られていますが、高血圧、心臓病、肝臓、腎臓などの慢性病はペニスの血管に影響を及ぼし、十分な血液が流入しないために勃起不全になるのです。

 中枢神経の遮断は交通事故などによって脊髄の中枢神経が損傷を受け神経が脳の命令を遮断する結果おこる機能的な問題です。

 ストレスは説明するまでもなく、家庭的、社会的な圧迫が精神的に落ち込んでしまい勃起不全やひどいときには勃起不能に陥ったりするのです。

 薬の乱用はシンナーや麻薬の影響で神経が麻痺して勃起しなくなったりします。その他降圧剤、うつ病治療薬の服用でもなったりします。

 ともかくいろんな原因によって引き起こされる勃起不全ですが、この状態を改善する薬はちゃんとあるのです。

 これらの薬については次回に説明をしたいと思います。

 ともかく、男性にとっては仕事と勃起能力は車の両輪のようなもので人生のやる気をおこす起爆剤のようなものでしょう。


(発行者)(株)中屋彦十郎薬舗 中屋彦十郎   石川県金沢市片町1丁目1−29


掲載された記事を無断で転載することは禁じます。


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366

薬局内キーワード検索

www.kanpoyaku-nakaya.com を検索
買い物かごでお買い物をすると100円に付き1ポイントたまります。
ポイントは次回のお買い物から1ポイント=1円でお使いいただけます。
お買い物かご
プライバシー保護 SSL
商品を注文するには
送料、配送方法
特定商取引法の表記
会社案内
アクセス
サイトマップ

〜病気から薬を探す〜

がん
ご存知ですか免疫療法
アレルギー体質の改善
高血圧・心筋梗塞
糖尿病の対策
膝の痛み・腰痛・肩こり
滋養強壮・疲労回復
発毛剤・育毛剤
便秘には
痔 (ぢ) には
肝臓病・肝炎には
慢性関節リュウマチ
疲れ目・かすみ目には
耳鳴りには
骨粗鬆症には
尿が出にくい
足のつる人
ブロン液・トニン咳止め液
不眠・ノイローゼ
排尿時不快感・残尿感
鼻炎・皮膚病
シミ、そばかすを消す
胃腸薬
かぜ

〜その他の販売品目〜

中国漢方製品販売
ダイエット&ビューテイ
野菜・果物類粉末販売
健康食品販売
禁煙補助・喫煙の害
健康機器
介護支援用品
コンドーム特売情報
マスク販売
メールマガジン
みなさまの相談例
中屋彦十郎薬局ブログ薬日記
ブログbQ

漢方薬生薬について徒然と…

Twitterでつぶやく
中屋彦十郎
Youtube
生薬・紫根についてのYoutube動画です。
メデイア掲載

下記症状の方ご相談下さい

足のつる人
浮腫 (むくみ)

せき・たん
口臭
花粉症・鼻炎・蓄膿症

前立腺肥大症
頻尿・排尿痛・残尿感
夜尿症

自律神経失調症
不眠・ノイローゼ

頑固なニキビで困っている
シミ、ソバカスを何とかしたい
肌荒れ・湿疹・アトピー体質
蕁麻疹
歳のせいか体がかゆい

流産ぐせ
なかなか子供ができない
やせすぎ

しゃっくり

ど忘れ・物忘れしたりやる気がない
膝がいたくて歩けない



ツイッター
FaceBook

漢方生薬のランキング
漢方
その他
その他

  Shop-Bell   漢方

漢方薬・生薬のランキング