生薬・漢方薬のメールマガジン配信中

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
 
生薬
生薬一覧へ戻る
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬一覧へ戻る
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 

漢方薬?生薬?民間薬?
違いを考える。

ハーブ類販売一覧
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

中屋彦十郎がお届けする、金沢、生薬漢方薬についてのメールマガジン

「金沢の漢方薬、生薬専門店」バックナンバー

中屋彦十郎薬舗による「尾山のくすり大将」第5号   2002年5月7日


金沢の新交通システムについて


金沢の新交通システムについて

金沢の交通渋滞は年を重ねるごとにひどくなってくる。

特に冬期間は普段は車で10分で行けるところでも30分位かかる。

こんな時は他の交通手段がないか考えることもある。

しかし採算にのるのかが最大の課題だろう。

金沢の駅西に新県庁舎が移転する事になった。

業務が始まると冬期間のアクセスが今から心配だ。

最近、新交通システムについて視察をしたとか、議論をしているとか新聞紙上をにぎわしているが 30年まえから地下鉄は採算上からどうかとか、無人の高架電車、ガイドウェーバス、LRTがいいとか話題になっていた。

シテイライナーも候補にあがっているが、あれはレーンの決まっているただのバス。

公共交通は利便性、快適性乗車賃が安価であることが必要である。

これらの点を考慮して、私案だが移転後の旧県庁跡地に交通センターを作り新県庁舎との間の道路を二階建てにして二階部分にシテイライナーを走らせる。

交通センターに入れば後はバスとして利用すればいい。

金沢市内のバスは殆どが金沢駅に向かって走っている。

町と町との間の路線がないため大変不便でこのことが車に頼る原因になっている。

中心部にバスセンターを作り町路線間バスを新設すればバスの魅力は増す。

夜も12時頃まで香林坊発のふらっとバスを運行すれば金沢一の歓楽街片町に酔客が戻ってくるかもしれない。

「都市格」を議論するならば、まず都市の魅力とは何かを考えるべきだろう。

人ごみ、雑然性、匿名性、猥雑性、機能性、華やかさ等も必要だ。

プロ野球やJリーグの観戦もたびたびできることも重要だ。

これからは都市間競争も更に激しさを増すだろう。

60万都市に向けて、周辺市町村との合併も急ぐべきだろう。

明治初期、江戸、大阪、京都に次ぐ12万人の人口を擁した金沢は今、全国で30数番めに凋落している。

都市の「格式」にこだわるなら人口を増やすことは重大な要素だ。


(発行者)(株)中屋彦十郎薬舗 中屋彦十郎   石川県金沢市片町1丁目1−29


掲載された記事を無断で転載することは禁じます。


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366

下記症状の方ご相談下さい

足のつる人
浮腫 (むくみ)

せき・たん
口臭
花粉症・鼻炎・蓄膿症

前立腺肥大症
頻尿・排尿痛・残尿感
夜尿症

自律神経失調症
不眠・ノイローゼ

頑固なニキビで困っている
シミ、ソバカスを何とかしたい
肌荒れ・湿疹・アトピー体質
蕁麻疹
歳のせいか体がかゆい

流産ぐせ
なかなか子供ができない
やせすぎ

しゃっくり

ど忘れ・物忘れしたりやる気がない
膝がいたくて歩けない



ツイッター
FaceBook

漢方生薬のランキング
漢方
その他
その他

  Shop-Bell   漢方

漢方薬・生薬のランキング