麻子仁:漢方薬、生薬販売、第二類医薬品

 
漢方・生薬   お買い物かご トップページ  メルマガ   サイトマップ

●麻子仁 (ましにん)

神農本草経の上品に麻賁 (まふん)の名で収載されている。中国では一般に「火麻仁」としょうする。古くは雌株を「苴麻 (しょま) 」、雄株を「しま」といい、代表的な有用植物であった。大麻はインドでは紀元前9世紀ごろからすでに薬用とされており、その後ペルシャやアラビアに伝わったものと思われる。ヨーロッパでは17世紀になってから紹介されている。

起源
  1. クワ科のアサの果実。「苧実 (ちょじつ) 」「火麻仁」「大麻仁」などとも称する。
  2. インド、パングラヂシュなどで栽培される成分品種インドアサは、形態的には本種とは酷似しているが、葉、特にのの線毛に麻酔性成分であるカンナビノイドを含み、アサとともに麻薬として取り締まりの対象となっている。マリファナと称する。
産地 中国、日本、朝鮮半島、東南アジア、インドなど。
成分 脂肪油 (オレイン、リノレイン、リノレニン、) 。糖質 (ペントサン、デキストリン、イノシトールリン酸) 、蛋白質 (エデスチン、グロブリン、) 、塩基性物質 (トリゴネリン、コリン、レシチン、) 、樹脂、」クエン酸などを含有する。
薬理作用 緩下作用、血糖低下 (アルコールエキス) 。
応用 緩下薬として、老人、子供、妊産婦など体力の消耗した人、あるいは大病後の大便秘結して下らないひとに応用する。また鎮咳、潤燥薬として用いる。そのほか七味唐辛子ばどの食用、小鳥の飼料、製油原料として用途は広い。
処方例 炙甘草湯、麻子仁丸、潤腸湯など。
用法・用量 煎剤、散剤、丸剤。1日6〜12グラム。

麻子仁 中国 生薬 500g  1,000円 (税込1,080円)



麻子仁 中国 粉末 500g 3,400円(税込3,672円)

注文数


©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 事務所本部 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 店舗・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301