南天実(ナンテンジツ、なんてんじつ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●南天実(ナンテンジツ、なんてんじつ)

南天実 (ナンテンジツ、なんてんじつ)生薬・漢方薬の販売・通販

第二類医薬品、日本の民間薬。中国では「南天竹子」「白南天」「天竺子」などとも称する。

起源 メギ科のナンテンの成熟果実を乾燥したもの。市場では「白南天」と「赤南天」があり、白実を生じるシロナンテン (シロミナンテン)の果実が賞用される。それゆえ赤実のナンテンの果実を漂白したものが多く出回っているが、一般にはシロナンテンの果皮はナンテンのそれより厚く、比較的簡単に識別できる。
産地 日本(奈良、和歌山、徳島県など) 。
成分 アルカロイドのナンテニン、ドメステシン、イソボルジンなどを含む。
薬理作用 抗菌
応用 風邪薬。鎮咳、去痰薬として、民間的に喘息」や百日咳に用いる。葉を少々に干し柿一個を加えて煎服します。
用法・用量 煎剤。散剤。1日5〜10グラム。
赤飯を他人様へ配る時、ナンテンの葉をのせて差し出します。これはこの赤飯を召し上がって万一食中毒でもしたら、このナンテンの葉を食べてください、治りますから治りますからという言い伝えです。
南天実(白) 日本 生 500g
4,000円 (税込4,320円)

注文数

南天実(赤) 日本 原形 500g
4,600円 (税込4,968円)

注文数

白南天 中国 粉末 500g
5,000円(税込5,400円)

注文数

※比較参考される生薬※

南天葉

≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366