黄柏 (おうばく):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

漢方生薬の中屋彦十郎薬局  / 会社案内

漢方生薬の中屋彦十郎薬局TOP生薬の通信販売一覧>黄柏 (おうばく)

●黄柏 (おうばく)

黄柏(オウバク)、生薬・漢方薬の通信販売
黄柏は神農本草経の中品に収載されています。
起源
  1. 日本産:ミカン科のキハダ及びその変種 (オオバキハダ、ヒロハノキハダ、ミヤマキハダ)のコルク層を除いた樹皮、日本市場品はキハダ、およびヒロハノキハダが多い。
  2. ミカン科のキハダと称する。およびシナキハダの樹皮。茎葉にはミカン科独特の臭気がある。
    キハダの名は樹皮を剥ぐと内側が黄色いことを表している。
    この内皮は古くから黄色染料として用いられていた。この染料には防虫作用があるため、中国ではかって黄柏で染めた黄紙用いられたといわれる。
    樹皮にはアルカロイドのベルベリン、パルマチン、マグノフロリンや苦味トリテルペノイドのオーバクノン、リモニンなどが含まれる。
    黄柏を使用した家庭薬は多く
    奈良の陀羅尼助、信州のお百草、山陰の練熊が良く知られている。
    陀羅尼助の名は陀羅尼経のをよむ時に眠気防止に利用されたことによるといわれる。
    とくに、「下焦の湿熱」の対して使用している。
    黄柏末を酢で練って塗布することもある。
産地 日本(北海道、新潟、長野、岐阜、群馬、鳥取など) 。韓国、中国 (東北諸省四川、湖北、貴州、雲南など)
成分 アルカロイド (1〜3%){(ベルベリン局方1.0%以上) パルマチン、フェロデンドリン}を含有する。このほ
か苦味成分のオーバクノン、リモニンステロイドのβ-シトステロール、カンペステロール、7-ヒドロスチグマステロールなどが存在する。
香り 落ち着きのある和の香り。
応用 黄色の染料として用いる。粘性があるので染めにくい繊維にも染み込む。
処方例 黄連解毒湯、柴胡清肝湯、温清飲、荊芥連翹湯など。家庭薬の原料として利用される。木曾の「百草」、奈良の「陀羅尼助」、鳥取の「練熊」など健胃薬として利用される。粘液が多く粉末を水でとくと粘る。
用法・用量 煎剤、散剤、丸剤、ハップ剤など。1日1〜6グラム、0.5〜3グラム。

キハダはミカン科の落葉高木キハダの黄色い内皮のことです。
家庭薬として古くから知られています。
また、漢方では黄檗 (黄柏・おうばく) として処方に配合されています。

石川県の能登地方にもよく見かけられる高木で、これも黄連と同様に売買の対象になります。
その他の地方としては北海道、岐阜、長野、新潟 広島、熊本県などに産します。
外側のコルク層を剥いで、内側の皮を取り出し乾燥します。10キロ単位なら売買の対象になります。

陀羅尼助 (だらにすけ) 、お百草、練熊 (ねりくま) という名前で売られていますが、現在も薬として存在します。
この他に、湿布薬にも配合されます。

金沢地方では「ばか」とか「あほ」に似た言葉に「だら (陀羅) 」 という方言がありますが、問題外のことを指した言葉ですが、このはなはだしく苦いキハダを原料にした「陀羅尼助」が語源かもしれません。

黄柏(おうばく)、生薬・漢方薬の通信販売

黄柏皮 中国 刻み 500g

黄柏皮 日本刻み 500g

黄柏末 中国 粉末 500g


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366