黄耆(おうぎ、オウギ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●黄耆(おうぎ)

「第三類医薬品」

黄耆は神農本草経の上品に収載されている。

起源 マメ科のキバナオウギ (東北、華北など) 、ナイモウオウギ (山西、内蒙古など)の根。
品質のよいものは外部が淡褐色、内部は黄白色で、甘くて香気があり、断面は繊維性で毛状となっている。
とくに山西省綿山に産する綿黄耆は上質とされている。
日本の本州中部以北や朝鮮半島などに分布するマメ科のイワオウギの近縁植物の根を晋耆あるいは紅耆といい、黄耆の一種として用いる。
産地 中国 (華北) 、朝鮮半島、日本(北海道)
成分 フラボノイド (フォルモノネチン、ヒドロキシフォルモノネチン、イソリキリチゲニンなど) およびサポニンを含む。
薬理作用 利尿作用、血圧下降作用 (水エキス、エタノールエキス) 、強壮、末梢血管拡張、抗アレルギー作用が報告されている。
応用 強壮、強心、利尿、止汗薬として虚弱体質、栄養不良、肝機能不全急性・慢性腎炎などに応用する。
人参と同様に元気をつける代表的な補気薬の一つであるが、人参が主に体内の五臓の気を補うのに対し、黄耆は体表の気を補う。
二者を配合すれば補益の作用が増強される。
  1. 強壮作用
    慢性の疲労や衰弱、内臓下垂、神経麻痺などに用いる。
    人参と配合される事が多く、心身の過労のために不眠や健忘の症状がみられるときに遠志竜眼肉などと配合する (帰脾湯) 。
    普段より虚弱でしばしば眩暈や頭痛などの症状を繰り返すものに半夏白朮天麻などと配合する (半夏白朮天麻湯) 。
    術後の体力回復に人参当帰地黄などと配合する (十全大補湯) 。
    胃下垂や脱肛、子宮脱などの内臓下垂には柴胡升麻などと配合する。
  2. 利水作用
    腎炎や浮腫、関節腫脹などに用いる。
    腎炎に黄耆を用いれば利尿して浮腫を改善し、蛋白尿を軽減するという報告がある。
    平素より「水ぶとり」で下肢や膝関節が腫脹しているときには防已黄耆などと配合する (防已黄耆湯) 。
  3. 止汗作用
    多汗盗汗などに用いる。黄耆は表虚の発汗に用い「固表の主薬」といわれている。
    防已黄耆湯も多汗症や腋臭の治療に用いている。
  4. 排膿作用
    黄耆は「瘡毒の要薬」といわれ、慢性化した化膿症に用いる。
    黄耆には細菌に対する抵抗力を強め、排膿を促進し、肉芽形成を行う作用があると考えられている。
    ただし黄耆は熱薬であるため炎症のさかんな化膿症の初期には用いない。
    化膿が長引いた場合、まだ口が開いていない時には金銀花そう角刺などの排膿薬を配合する (托裏消毒飲) 。
処方例 帰脾湯、七物降下湯、十全大補湯、防已黄耆湯、補中益気湯など。
用法・用量 煎剤、散剤1日3~6グラム。
黄耆、おうぎ、生薬・漢方薬の通信販売
黄耆 中国 丸切 500g
1,600円 (税込1,728円)

注文数

黄耆 中国 刻み 500g
1,600円 (税込1,728円)

注文数

黄耆 中国 粉末 500g
2,800円(税込3,024円)

注文数


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920-0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921-8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366