霊芝
免疫力を増強してガンをたたくほか、肝炎や糖尿病や高血圧、高脂血症、アレルギーなど生活習慣と関連の深い疾病に広く効果がみとめられています。中国や台湾など海外における研究に加え、静岡大学や近畿大学、富山医科薬科大学など日本の研究グループの寄与も大きいといわれています。βグルカンが飛びぬけて多い鹿の角のような形をした鹿角霊芝は天然には稀にしかはえませんが、バイオ技術で作れるようになりました。
抗酸化作用の強いレイシ特有の苦味成分トリテルペンの含有量が通常のレイシ子実体の2倍の商品もあります。近年は人工栽培され、これが一般的になりました。抽出された成分は医薬品として認知され使用されています。
多糖体β-グルカンとテルペノイドの作用が免疫力を高め、私達のからだにインタフェロンを生み出すもとになります。多糖体ガノデランが血糖値を低下させますから、糖尿病の人にもうってつけです。その効き目には個人差もあります。