鹿茸(ろくじょう、ロクジョウ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
漢方・生薬TOP ハーブ類 ガンと闘う
健康食品
漢方薬
漢方相談
サイトマップ 精力剤 健康食品


●鹿茸(ろくじょう、ロクジョウ)

第三類医薬品
鹿茸は神農本草経の中品に収載されている。鹿は鹿茸のみならず、種々の部位薬用としており、「本草綱目」には「鹿角」「鹿角膠」「鹿歯」「鹿骨」「鹿頭肉」「鹿蹄肉」「鹿脂」「鹿髄」「鹿脳」「鹿精」「鹿血」「鹿腎 (鹿鞭) 」「鹿胆」「鹿筋」「鹿皮」「鹿糞」「鹿胎糞」などの効用が記されている。
しかし現在市販されているものは、鹿茸、鹿角およびそれらの膠、鹿鞭、鹿尾鹿胎などである。

起源 脊椎動物門、哺乳類、偶蹄目のシカ科のマンシュウアカジカおよびマンシュウジカ「梅花鹿 (ばいかろく) 、花鹿 (かろく) 」の雄のまだ角化していない、もしくは、わずかに角化した幼角 (袋角) 。前者の幼角を「馬鹿茸 (ばかじょう) 」、後者からのものを「花鹿茸」または「梅花鹿茸」と称しており、現在日本に輸入される中国およびシベリア産のものはこの二種に限られ、特に前者が主である。ときにニュージーランド産のものが輸入されことがあるが品質は劣る。
産地 中国 (吉林、遼寧、河北省などに主産する。) 、ロシア (シベリア) 。
成分 コラーゲン、リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、蛋白質からなり、一般分析値は水分約10%、有機物約50%、水溶性エキス約10%、アウコールエキス約1.5%、エーテルエキス約1%、灰分約35%である。
マンシュウジカの幼角からはコレステロール誘導体、ウラシル、ヒポキサンチン、クレアチニン、ニコチン酸、尿素、p-ヒイドロキシベンツアルデヒド、p-ヒドロキシ安息香酸、ウリジンが分離されている。
薬理作用 副交感神経末梢部の緊張亢進、神経・筋系の機能改善、内分泌系の機能亢進作用「70%アルコールエキス (パントクリン、鹿茸精) 」、抗過酸化脂質作用など。
応用 強壮、強精、鎮痛薬として、インポテンツ、めまい、耳鳴り、腰膝の弱体人虚寒証の帯下、慢性病の虚損などの症に応用する。近年頭部、頚部および脊椎損傷にともなう頭痛、頭重、項頸部の痛み、肩腕痛、腰背痛、めまい、ふらつき、四肢のしびれ感、易疲労感、脱力感、不眠などの症状に対するいわゆる「鞭打ち損傷にたいして適用されている。また自律神経失調症、低血圧症、更年期障害にも用いられる。
用法・用量 丸剤、散剤、酒剤。1日1〜2.5グラム。

ご存知の鹿は一夫多妻の動物であり、その角は真皮から生えたものであり、オスジカの頭上に隆々とそそりたち成長がきわめて早く、毎年生えかわります。春の初めコブ状の角がニョキニョキと生えはじめます。
これをナスビ状の鹿茸と呼んでいます。しばらく経ちますと角は分岐し、大きくなってきます。角は褐色の毛でおおわれ、にぎるとしっとりと油気があります。本邦への輸入は主にロシアのものですがマンシュウアカジカといわれるもので、灰褐色の毛でおおわれています。中国からの輸入品はマンシュウシカとよばれロシア産より少し小型で褐色の毛でおおわれてい ます。鹿茸は生きているシカをつかまえて未だ若い毛のびっしり生えた角を切りおとすのですが切り口からからはどっと真っ赤な血が流れ出します。そして、角 (茸)の中の血液をぬいて、水にいれ2〜3時間煮沸し、室内で1ヶ月以上乾燥して市場にだします。
秋になると角は角化して固い角になってしまいます。鹿角 (ろっかく) です。鹿茸は先の方から、上台、中台、下台と呼ばれ、上の部分ほど上等品とされています。乾燥した鹿茸は一旦、水につけ表面が少し柔らかくなったところで切断機で薄く切って切片状にします。これをわれわれのような漢方薬局で売るのです。 中国最古の薬物書「神農本草経」では鹿茸はいっさいの精力を生ぜしめ 血を養い、陽道を堅くし男子の腰と腎が虚冷しているのを治すといわれています。 この鹿茸とクコの実と高麗人参の三点をホワイトリカーにつけこんでおきます。 甘味のほしい人は氷砂糖適量いれておきます。一週間位経つと 飲める様になります。一ヶ月経てばなおいいでしょう。ホワイトリカー 1リットルに利用する分で6500円です。更なる効果を期待される 方は二回分を使用するといいでしょう。そっと棚の下から取り出して、お猪口に1〜2杯飲めばいいのです。精力がつくことうけあいです。歴代の中国の皇帝も愛用したといわれる逸品です。

鹿茸(ろくじょう、ロクジョウ)生薬・漢方薬の通信販売
●上記写真のような大きさ長さで約97cm、重さ約2kgのものが在庫あります。
価格はお問い合わせください。(TEL076-231-1301)

鹿茸 中国 丸切 100g 40,000円 (税込43,200円)
注文数


鹿茸 中国 粉末 100g 18,000円(税込19,440円)

注文数


©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301