小建中湯(しょうけんちゅうとう)の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
 
漢方薬一覧へ戻る
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
漢方薬、生薬、民間薬
違いを考える。
 
生薬
生薬一覧へ戻る
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売

子供の風邪に/小建中湯(しょうけんちゅうとう)<第2類医薬品>

小建中湯【傷寒論・金匱要略】

小建中湯を用いる第一の目標は全身の疲労状態である。
著しい疲労状態には黄耆建中湯なども検討する。見方によれば桂枝加芍薬湯に膠飴を加えたものともとれる。脾胃の虚弱な小児によく用い、お腹についた風邪などに特に有効。
適するタイプの子小児はお腹全体が軟らかく、くすぐったがることが多い。

「傷寒、陽脈渋、陰脈弦、法当に腹中急痛すべし、先ず小建中湯を与え、いえざるものは小柴胡湯之を主る」(傷寒論・太陽病中篇)
「疲労、裏急、悸、衂、腹中痛み、夢に失精し、四肢酸疼、手足煩熱、喉乾口燥するものは小建中湯之を主る」(金匱要略・血痺虚労病篇)
「婦人腹中痛むは小建中湯之を主る」(金匱要略・婦人雑病篇)

用量(1日量)

芍薬   6.0g
桂皮/大棗   各4.0g
甘草   2.0g
生姜   1.0g
膠飴   10g

目標

気力も体力もあまりない虚弱な人で栄養も血色もよくないもの。
急に腹痛がしたり、動悸がしたり、手足がだるくて疲れやすく体が痛んで苦しいもの。
腹直筋が拘攣し、手足が煩熱し、のどや口が乾燥して尿の量や回数が増え、鼻血が出やすいもの。
便秘して下剤を用いると腹痛がし、しぶり腹になり快通しないもの。

適応症

小児のかぜ、肺炎、腹痛、慢性腹膜炎、虚弱小児の体質改善、夜尿症、夜泣き症、幼児のヘルニア、成人の腸内ガス充満や腸蠕動不安などによる腹痛、心身の過労症状脊椎カリエス、胃下垂症、胃潰瘍、結膜炎、夢精、黄疸


▼小建中湯:ショウケンチュウトウ(漢方薬の通信販売:価格表)▼

小建中湯 原末錠 14日
(大人量)
小建中湯 原末錠 41日
(大人量)
小建中湯エキス顆粒 14日
(大人量)
1回2包
1日3回
小建中湯エキス顆粒 30日
(大人量)
1回2包
1日3回
小建中湯 煎じ薬 30日
(大人量)

小建中湯【煎じ薬の作り方】

漢方薬の煎じ方
(自分で生薬から漢方を煎じてみたい。そんな時にどうぞ。)

生薬の販売
(漢方処方の基本、生薬について。生薬を組み合わせて、漢方薬を煎じることができます。)
(各々の生薬について効能・効果を詳しく知る事ができます。)

★症状から漢方薬を探す
(お悩みの症状から検索して、どんな処方がいいのか大まかにわかります。)

体の部位で漢方を探す

自覚症状から漢方を探す

漢方薬販売
(その他の漢方処方薬を買いたい方はこちらをご覧ください。
各々の漢方処方について解説しております。)

漢方相談できます→「漢方問診表」
( ネット上から漢方相談が可能です。)


※※ご相談なさりたい場合は「漢方相談問診表」をご利用ください。


©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920-0981 石川県金沢市片町1丁目1-29混元丹ビル TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921-8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366

薬局内キーワード検索

www.kanpoyaku-nakaya.com を検索
お買い物かご
買い物かごでお買い物をすると100円に付き1ポイントたまります。ポイントは次回のお買い物から1ポイント=1円でお使いいただけます。
プライバシー保護 SSL
商品を注文するには
特定商取引法の表記
会社案内
サイトマップ
メールマガジン
みなさまの相談例
中屋彦十郎薬局の
ブログ薬日記
中屋彦十郎
YouTubeー紫根
twitter facebook