棕櫚実(しゅろじつ、シュロジツ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●棕櫚実(しゅろじつ、シュロジツ)

棕櫚実(しゅろじつ、シュロジツ)生薬・漢方薬の通信販売

第二類医薬品、中国あるいは南九州を原産とするヤシ科の常緑高木、シュロの実を用いる。
葉を棕櫚葉(しゅろよう)、葉鞘の繊維を棕櫚皮といっている。

シュロはヤシ科であるが耐寒性が強く、東北地方まで栽培されている。
葉は幹の頂部から傘のように広がって生え葉柄の基部の幹はシュロ毛で覆われている。
シュロ毛は耐水性があり、ロープや縄、蓑、敷物などに利用される。

民間ではシュロ葉を軽く焙じたものをお茶にして利用する。
高血圧、脳卒中に効果あるといわれる。
中医の間では止血の効果があるというので、鼻血、吐血、血尿、血便、性器出血に用いる。

果実は棕櫚実(しゅろじつ)と呼ばれ、下痢、帯下などに用いられられるが、高血圧治療に効があるとされる。
成分としてロイコアントシアニンが確認されている。
通常は1日10〜15gを用いる。外用に利用ざれる。

棕櫚実(しゅろじつ、シュロジツ)生薬・漢方薬の通信販売 棕櫚実(しゅろじつ、シュロジツ)生薬・漢方薬の通信販売

※比較参考される生薬※

棕櫚葉

≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366