電子タバコ、健康

電子タバコ

タバコにそっくり、しかも健康にいい!
これは利用するに限る。

電子タバコは、香港に所在する金龍グループ資本下の北京SBT如煙科技発展有限公司が2003年に世界で初めて開発したといわれる。

専用カートリッジ内の液体を電気的に霧状化し、その微粒子を吸引する事でタバコの代替とする製品である。
いわゆる一般的なタバコとは異なり、火気を用いない上に燃焼に伴うタールや一酸化炭素等も発生しない。
また、タバコの先端から副流煙が発生しない為、他人に迷惑をかけず自身の健康を害する事もないタバコ代替製品として、
2008年頃から日本国内においてもメディア等で取り上げられ脚光を浴びている。
前述の企業以外のメーカー製品が市場に投入されている。

形状は葉巻型、パイプ型、紙巻煙草型、煙草型等様々な物があるが、構造的には全てほぼ同じで、
「充電式バッテリー」(蓄電池)と「噴霧器としての本体」、「希釈液を含んだカートリッジ」(フレーバー)から構成されている。
バッテリーはほとんどの物がリチウムイオンバッテリーを使用しており、継ぎ足し充電が可能である。

カートリッジをケースから取り出して充電済みのバッテリー本体と共にカートリッジにセットし、
吸い口から吸引すると自動的に気流センサーが反応し、カートリッジ内の液体を霧状化、
吸い口から霧状の希釈液を噴出する。これは吸引した程度では霧状(ミスト)のままのため、
そのまま吐き出すと実際の煙のように見える。
これを肺まで深く吸引した後に吐き出しても実際の煙草同様に煙が見える。
(ミスト[煙]が不完全な製品では見えにくいものも存在する)これは、
噴射されたミストの粒子が煙草の煙の粒子とほぼ同じ大きさの為、水分吸収されにくく、
長く残るためである。また色や煙(ミスト)の状態や長く煙(ミスト)が空気中に漂って見えるのも
実際の煙と同様であるのはそのためである。
また、吸引すると同時に先端の赤色LEDが発光し、本当に火をつけて吸っている様に見える。
(以上はウィキペディアから引用した電子タバコの説明である)


電子たばこ e-ヘルスシガレット(カートリッジ付

サイズは
パッケージ:9cm×5.5cm×2.2cm
本体:9.5cm(カートリッジ装着時)

一箱の内容
本体、充電器、カートリッジ7個(1個装着済)
【グリーン】たばこ味カートリッジ付 【ブルー】メンソール味カートリッジ付
※カートリッジの交換目安は、1本あたり約150〜200回吸引(吸引の度合いにより異なります



電子タバコ 一箱 8個入り 2800円(税込2940円)

注文数





「使用方法」
(1)本体の底面のキリトリ線に沿って、厚紙を切り取る。
(2)充電:本体下部にある電気コンセントをコンセントに差し込む。箱の下部のランプがレッドからグリーンに変ったらら、充電は完了している。

・電子タバコ本体と充電器部分はネジ式になっている。充電するときに時計回りで十分に回すことが大切。
・完全充電するには約3時間がかかる。 長時間充電すると本体が過熱して故障の原因となるので、時間は厳守すること。

(3)電子タバコ本体を箱の充電器部分から反時計回りで外す。
(4)取り外したフィルターを、カートリッジに装着する。
(5)本体とカートリッジを組み立て、タバコと同じように吸い込む。



c2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All Rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1−29 TEL/FAX 076-231-1301
思案橋薬局 〒920−0967 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-222-0108/ FAX 076-222-0108
工場 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21−9 TEL076-245-3366