蟻(あり)の通信販売|漢方薬の中屋彦十郎薬局

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

蟻(あり)

蟻(あり)の解説

  • 体に一定の効果を及ぼすと考えられている天然の薬物を「生薬」と呼んでいます。5000種類〜8000種類あるといわれます。生薬は大きく分類すると、植物薬、鉱物薬、動物薬の三つに分けることができます。植物薬は朝鮮人参をはじめ、杏仁豆腐の杏仁、冬虫夏草、霊芝、クコシなど数多くのものがあります。鉱物薬は日本ではなじみが薄いですが、滑石、石膏、硫黄などの鉱物を使います。例えば、滑石には含水珪酸マグネシウムや二酸化珪素などが含まれており、利尿や消炎効果があるので、漢方の理論に基づいて他の生薬と共に、膀胱炎や尿道炎に処方します。動物薬は海馬 (タツノオトシゴ) 、海狗腎 (オットセイの睾丸) 、牛黄 (ごおう) 、麝香、熊胆 (くまのい) そしてアリなどです。動物薬は「血肉有情の品」と言われ、特別な効能効果を持っているものが多く、普通の薬草ではなかなか治らない病気にこれらの動物薬を投与すると、思いもつかない治療効果を得ることがあります。動物薬の中でも特に昆虫類はよく用いられています。アリ以外ではサソリ、ムカデ、蝉の殻、コオロギなどです。古代中国では実際に食用にされていた昆虫は、かなり多いと推測 され「神農本草経」には、薬用昆虫としてすでに、21種類が記載され、李時珍の「本草綱目」には52種類が加えられ延べ73種類の薬用昆虫が記載されています。アリの薬用価値については漢の時代に金剛丸という丸薬があったというのです。蜂蜜を溶かし、粉砕したアリを入れて作った丸薬で、骨の弱い人に有効だというのです。古代の文献を調べてみますと、アリの主な効能は陰萎 (インポテンツ ) 、神経症、慢性関節リュウマチ、リュウマチ性関節症、悪性腫瘍 慢性肝炎、肺結核などいろいろな慢性疾患です
  • 蟻は中国では約10種類が薬用にされている。一般的には黒い大型の蟻である。腫れをひかせ、毒を消す作用があるといわれ化学成分の分析や薬理作用の研究は盛んに行われている。黒蟻・・・・体全体が黒く、光沢がある。頭部は三角形で 複目は二つ、楕円形をしている。足は膝関節の形で、12個が連接して運動する。胸と背部が発達していて胸と腹部の連接点が細い。兵隊蟻と働き蟻が似ていて、雌アリと雄アリが似ている。幼いアリは頭部、胸部が細く、腹部は幅がある。体の色は黄白色で、足はない。群体生活をしていることが多く巣は地下に作ることが多い。中国全土の広い範囲に分布している。漢薬としては乾燥させた蟻を春から秋にかけて採取し、熱湯をくぐらせた後、乾燥させて使用する。成分としては蟻の頭部の腺体中から蟻酸を分泌する。それに 二八種類のアミノ酸も含まれている。濃い蟻酸なら皮膚に刺戟 があり、水などで洗浄し、薄い蟻酸なら刺激剤として使い、汗腺抑制作用を利用して汗を抑えることができる。応用としては、熱気を排除し、毒を除去する。できもの、腫れ、痛みの治療や蛇にかまれた時にも利用する。もちろん、精力にも利用されます。近年健康食品としてアリが広く知られるようになったのは、伝統食品が見直されたといったことや民間療法が広まったのではなく、さまざまな研究によりアリの栄養成分、生理的及び薬理的なメカニズム、安全性などが次第に明らかになってきたからです。中国では1988年に中国予防医学院、中国中医研究院、北京栄養源研究所などの専門家によるアリの栄養価値審査会が開かれアリは微形動物のなかでもとりわけ「栄養の宝庫」であるという結論が発表されているほどです。
  • この十年ほどの間に、中国ではアリの成分、分析が盛んにおこなわれるようになりました。広西中医学院薬学部、広西農業科学院、黒龍江省軽工研究所、中国予防医学院食品栄養研究所 、栄養源研究所、北京食品研究所などいろいろな研究所でアリの栄養成分が分析されているのです。どうしてこのような多くの研究所でアリの研究が行われるようになったのでしょう。しかも、これらのところはみな昆虫学の専門分野ではないところばかりです。その答えは一つ、この十年間でアリの薬用としての効果が注目されるようになったということです。科学者たちはこぞってアリのどの成分が薬品としての効果をあげているのかを解析しています。

    化学成分の分析結果によると

    アリのエネルギー量は同じ重さなら牛肉の四倍である。
    • 蛋白質が42〜67%。25%の差はアリの種類によります これは大豆やエビなどと肩をならべられるほどで、乾燥重量の42%を占めます。
    • 28種類のアミノ酸。この中には八種類の必須アミノ酸は全部ふくまれています。
    • ビタミン類はB1B2、B12、Eなど。
    • 微量元素としては、ミネラル、カルシウム、リン、鉄、セレン 、亜鉛などで特に亜鉛が豊富に含まれていました。一キロのアリの中に120〜140ミリグラムという量です。

      その他の成分として

      • 蟻酸
      • ステロイド類化合物。
      • テルペノイド化合物 (サポニン)
      • シトロメラール

      アリのアミノ酸と微量元素の含有量 (g/100g)

      アミノ酸

      アスパラギン酸 3.194
      セリン 1.899
      グリシン 3.862
      シスチン 0.247
      メチオニン 0.098
      ロイシン 3.486
      フェニールアラニン 1.662
      ヒスジニン 0.984
      プロリン 3.322
      スレオニン 1.804
      グルタミン 5.053
      アラニン 4.212
      バリン 2.530
      イソロイシン 2.660
      チロシン 1.384
      リジン 2.176
      アルギニン 2.127
      トリプトファン 0.671

      アリの微量元素 (mg/kg)

      17.6
      386.4
      マンガン 360.2
      蛋白質 53.02
      亜鉛 138.4
      カルシウム 0.76
    • アリは他の昆虫と違って、どうして集団を作って社会生活を営むことができるのだろうか。この社会集団の活動はアリが持つフェロモン、または社会性ホルモンとよばれる化学物質の働きによるものです。フェロモンというのは動物が異性をひきつけたり、危険を知らせるためにだす物質です。アリは複雑な伝達機構によって支配されているのですが、このフェロモンは個体の行動と成長に影響を与え、昆虫社会全体を統一する役目をはたす要因になっている、と考えられます。つまり、アリは人間と違って、言葉と言う伝達能力も持たないのに、土の中で人間と同じように複雑で細かくわけられた社会生活を しているのですが、言葉に代わる通信手段となっているとおもわれるのがこのフェロモン (アリが発する匂い) なのです。実は、このフェロモンが人体に対してホルモン剤に似たような効果を与えると考えられるのです。あるいは人体のホルモンの働きを活性化させる作用があるのかもしれません。中国の古代の人々はアリは体が小さいのに、自分の体の400 倍も重いものを運ぶことや、またアリを良く食べる動物は力 が非常に強いといったことから、すごいエネルギーをもっていると考えたのでしょう。アリを食べればそのエネルギーを取り込むことができると考えても不思議はありません。紫禁城の奥深く眠っていた、中国の宮廷の蜜薬は現代に蘇った「黄金の薬」といっても過言ではりません。贅を尽くし生活している人にしか手に入らなかった類稀なこの精力剤はバブルのころなら争って買い求めたことでしょう。こんなものを利用していた中国の王朝文化とは、計り知れない 強大で強力なものであったことは想像に難くありません。
    • アリの捕獲法

      1. 山のアリの巣のたくさんあるところの近くで、大きな鍋を 用意して水を沸騰させる。
      2. 木の棒をアリの巣の真ん中に突き刺しながら一〜二分その ままにする。
      3. その間にたくさんのアリたちが、侵入者である棒と戦うために棒に付着する。
      4. 木の棒を巣から抜き取り、鍋につけてアリを殺す。
      5. 湯に浮かんだアリをざるですくう。
      6. 日にさらして乾燥をさせる。
      7. 袋にいれ後は工場の作業になる。七月から九月の間に数トンのアリが捕獲できるというのです。

      工場内の作業

      1. 工場の乾燥機で乾燥させる。
      2. アリを粉末にする。
      3. 粉末を他の漢方薬と一定の割合で混ぜる。
      4. 加工をしてカプセルに充填する。
      5. 包装する。清潔で納得できる施設だということです。アリと一緒にする生薬と配合割合が問題です。古くから伝わる名医の処方を参考にしながら五六種類の煎じ 薬の処方のなかからいろいろと試し、これはと思うものとアリを組み合わせてアリの成分を決定したのです。アリの体内には特殊なリン酸化合物のアデノシン3リン酸、蟻酸 などとともに有益な微量元素のほか、大量の蛋白質、アミノ酸がふくまれています。アリはまた関節リュウマチにも効果があるというのです。また、免疫球蛋白の形成とリンパ細胞の転化を促進させ、人体の免疫効能を向上させる働きがあることもわかりかけています。
    • 世界中で流行し、日本の厚生省が承認したバイアグラは局部の血管を一定の時間膨張させ、勃起状態を作るというものなのです。従って心臓疾患や血管障害のある人には危険な場合があるわけです。相手の女性が驚くほど立派な状態になるとしたら、これはそれなりの効果はあるわけですが、ことにおよぶたびに薬を飲まなければならず、脱力感や疲労を伴い、長く飲むことによって副作用はあっても、体を本質から強くしないものなら、その場しのぎでしかないわけです。人が本当に手に入れたいものは、自分の体の内側からの突き上げるような欲情により勃起してSEXするという本来の形なのではないでしょうか。勃起するという状態は、動物としての本能ですから、勃起しないのは故障があるのか、衰えたのかのどちらかです。衰えてしまったものを呼び覚ますのは回春ですが、放置しておくとついには枯れてものの役にはたたなくなってしまいます。衰えたかなと感じた時点で回春の保健薬を常備薬として飲めば五年前、十年前の状態に戻すことができるわけです。リュウマチや肝炎にも効果のあるアリは強精の効果のあることは中国では古くから知られていました。このアリの粉末又はエキスに補腎の薬草と陽気が強くなる薬草を配合すれば効果の高いものになると考えられます。陰湿なところにすみ、毎日重労働しているアリが、なぜ病気にかからないのか、蟻穴ないに貯蔵している食料になぜカビがはえないのか、昔から人々は不思議におもっていました。慢性肝炎 、肺結核にも有効例があります。アリは胸腺、脾臓などの免疫器官の増生、発育を促進し、血中の白血球をふやして、免疫力を活性化させるほか、インターフェロンを誘発します。また、B型肝炎ウイルスに感染した肝細胞中のウイルスの複製を抑制するために、慢性肝炎にも有効だといわれています。アリの薬はぜひ試してもらいたいものです。

      ≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る

      ≪黒蟻の通信販売


      >>その他取扱品目

      黒焼きの研究・通販

      もぐさ・お灸通販

      ハーブ類

      →ハーブ販売専門部へ
      (生薬と同会計です)

      ©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
      プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

      本社・薬局/通信販売
       〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
      工場
       〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366