玉龍参蒜精 (ぎょくりゅうじんさんせい)の通信販売|中屋彦十郎薬局

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

玉龍参蒜精 (ぎょくりゅうじんさんせい)

玉龍参蒜精 (ぎょくりゅうじんさんせい)

玉龍参蒜精は高麗人参エキス20ml、にんにく抽出濃厚液500mg、赤まむし抽出液50mg、ビタミンB12 5μg、ビタミンB110mg、ビタミンB2 1mgを1mlの濃厚液中に含有しています。主成分のにんにくは熟成状態にして吸収されやすくなっています。特ににんにくにつきましては次に詳しく説明します。

玉龍参蒜精

にんにく (大蒜)

ニンニクは学名をAlliumSutivumといい植物学者のリンネがニンニクを意味するラテン語Alliumを属名に栽培を意味するSativumを種名にしたものです。その学名が示すようにニンニクは古くから栽培されていたようです。世界各国で栽培されていますが大きくわけて (1) アジア型 (2) ロシア型 (3) ヨーロッパ型 (4) ヨーロッパII型 (5) ユーゴスラビア型にわけられます。ニンニクの採取地で興味のあるは中国、タイ、日本、アジア地域で栽培されているニンニクは全く同じパターンを示し、ヨーロッパで栽培されているニンニクとは全く異なるということです。
さらに興味深いのは最近中央アジアで採取されたニンニクの中に種子を作る能力を有した系統が発見されています。このような生殖能力を有したニンニクを「稔性ニンニク」とよばれています。このように、ニンニクの故郷は中央アジア地域で元来は種子をつける能力を持ち自然交配によって種々の性質をもった多様なニンニクが存在していた事がわかります。ニンニクは中国では大蒜と呼ばれわが国では室町時代「ニンニク」とよばれるようになりました。「ニンニク」は仏教用語で「忍辱」強烈な匂いを耐え忍ぶという説があります。
元々は花を咲かせ、種子を繁殖させていたニンニクが長い年月の経過によってリン片を種子として栽培が行われています。大きな球をつくるために花を咲かせず種子をつけさせないで栽培されます。通常は9月から10月上旬に植付け翌年6月頃に収穫されます。本剤に使われている「熟成ニンニク」は生ニンニクを長時間抽出・熟成してつくられます。水溶性イオウ化合物が豊富であり脂溶性イオウ化合物含量は低いのです。長時間の抽出、熟成過程で新規成分が生成する揮発性イオウ化合物のためニンニク特有の匂いは殆どなくなります。
ニンニクとはアリシンに関することがすべてと思われた節があります。「ニンニク臭」のもとになるアリシンなど油に溶ける成分が研究されていた時代もありましたが、最近では水に溶ける成分が主体となる時代になってきました。「熟成ニンニク」は生ニンニクを長時間抽出・熟成して作られます。水溶性イオウ化合物が豊富であり、脂溶性イオウ化合物の含量はすくない。長時間の抽出・熟成過程で稔加反応が進行し、新規成分が生成する揮発性イオウ化合物が低いため、ニンニク特有のニオイは殆どありません。「生のニンニク」は殆ど匂いしませんが、切ったり、つぶしたり、おろしたりすると匂いがするのは生ニンニクに含まれている有機イオウ化合物が揮発性がないからです。
生ニンニクに含まれているアリインやメチインとそれらを分解する酵素アリイナーゼがニンニクの細胞のなかで別々の場所にふくまれているからなのです。ニンニクの細胞の中でアリインとメチインは「葉肉貯蔵細胞」とよばれる部屋に酵素は「維管束鞘細胞」とよばれる部屋に入っています。アリインとメチインがアリイナーゼと接触し匂いの発散反応が開始されるわけです。

  1. ニンニクの匂い成分
    生ニンニク中の無臭成分アリインは生ニンニクに存在する酵素アリイナーゼによってたちまちにしてアリシンという不安定な化合物に変換され、その後次々と起こる化学反応によって、さまざまな匂い成分が生成されます。代表的なニオイ成分がアリルスルフイドやビニルジチインと呼ばれる一群の「揮発性有機化合物」です。ニンニクの成分にはニンニク臭を有する「揮発性の有機イオウ化合物」以外にも多くの化合物が明らかにされています。
  2. 有機セレニウム化合物
    生ニンニクには有機セレニウムが含まれています。セレニウム解毒酵素であるためグルタチオンペルオキシダーゼを構成する微量金属として、人の体のなかで重要な役割をになっています。
  3. サポニン類
    生ニンニクにはサポニン類が含有されています。ニンニクではステロイドサポニンが発見されています。
  4. その他
    アリキシンは変異原抑制効果が報告されています。フラクタンはイヌリン構造を有する水溶性多糖類で生ニンニクの組成成分でもっとも含量の高い成分です。また、ニンニクの糖蛋白成分には免疫組織での活性が報告されています。

赤マムシ

マムシの生命力の強さは、その肉体を形ずくっている蛋白質です。その蛋白質を構成するアミノ酸に特徴があります。 10数種のアミノ酸をはじめとしてすべてのアミノ酸をふくんでいるといわれています。又、ビタミンもふくまれており、アミノ酸とビタミンの相乗効果により、マムシを食することにより著しい相乗効果がでるといわれています。胃腸障害のある人にもいいといわれ虚弱な体質で食欲不振の方にはお奨めできます。マムシの肝のなかにはタウロコール酸がふくまれており、肝臓の機能を亢進させ疲労回復、ストレスの解消にすぐれた効き目をあらわすといわれています。活性酸素を除去するといわれるシスタチオニン、消化器官の機能を円滑化し代謝を促すスレオニン、欠乏すると不妊症や精力減退を引き起こすアルギニン、脳の活性化や筋肉の潤い、情緒の安定を保つバリン、肝臓や腎臓の細胞の再生と毛髪の発育を促進させるメチオニンなどが含有され、その他カルシウム、ビタミンA、ビタミンB群などが豊富に含まれています。

薬用人参

高麗人参の皮をはいだ白参が利用されています。高麗人参にはサポニンをはじめいろいろな成分がバランスよく働いていて、人間の体を正常に向かわせるという働きがあります。その作用は、体に働きかけてホルモンのバランス、特に重要な副腎皮質ホルモンの分泌の調節作用によって体働きを正常に保つ働きがあります。
高麗人参の主成分はサポニンですがそのなかでもジンセノサイドというサポニンは疲労の回復促進作用や脳の働きを興奮させてやる気をおこさせる働きがあります。このように高麗人参には鎮静作用と興奮作用をしめす二種の成分がはいっているといわれ独特の薬効を発揮するもとになっています。
また、「虚労」といって一晩睡眠をとっても前日の疲労がとれない状態を改善する効果があるといわれます。
「精清」 (せいせい) といって精液中に精子がすくなく、そのために精液の外見が透明になっている場合があります。この症状は「乏精子症」といわれる症状でこれらの男性に高麗人参を投与して、精子数が増加したという報告があります。
高麗人参は精子の製造工場である睾丸で精子を生産するための細胞分裂を活発にする作用があるといわれています。
内臓の調子が整い「精清」を改善して濃厚な精液がたまれば、男性としてのやる気もでてきます。

その他

ビタミンB12、ビタミンB1、ビタミンB2などが含有されています。

※製造中止となりました。

≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366