コラーゲンの通信販売|中屋彦十郎薬局

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

コラーゲン

コラーゲンについて

  1. 関節は、軟骨及び周囲の靭帯、腱、筋肉が総合的に働く事により、その機能を充分に発揮することができます。軟骨を構成する重要な構成成分の一つはムコ多糖体です。そこで、ムコ多糖体の原料となり、臨床的にも「ひざの痛み」に対する効果が確認されているグルコサミンと、ムコ多糖体そのものであり、医薬品としても使われているコンドロイチンを理想的な比率 (5対4) で配合してあります。また、軟骨成分のもう一方の主役はU型コラーゲンですので、消化しやすいように酵素分解して配合してあります。靭帯、腱、筋肉を構成する重要な成分はT型コラーゲンです。コラーゲンGスーパーには、4種類の栄養成分に加え、抗炎症作用のあるデビルズクローにビタミン2種を配合し、「関節丸ごと栄養剤」としての処方になっています。皆さん子存知でしょうが、軟骨には血管がありません。構成成分は軟骨細胞と基質であり、基質は線維成分のU型コラーゲンとゲル状構造物のムコ多糖体で構成されています。軟骨の成分組成は73%が水分でできており、骨に比べて水分が多く、硬さを作る成分の無機質 (カルシウム) と蛋白質 (コラーゲン)の割合がすくないのが特徴です。コンドロイチンは、ムコ多糖体タンパクの構成成分の一つで、医薬品として「腰痛症、関節痛」の適応症があります。
    軟骨におけるムコ多糖タンパクの役割は水分の保持であり、コアタンパクに無数についたコンドロイチンが実際の働きをしています。ヒアルロンサンは数多くのコアタンパクを固定する長い紐と考えると理解」しやすいです。
    グルコサミンは、ムコ多糖タンパクの構成成分の一つであるヒアルロン酸を体内で合成するための原料で、変形性膝関節症による膝の痛みに良い食品として、最近使われるようになりました。ヒアルロン酸は、N-アセチルグルコサミン (グルコサミンがアセチル化されてできたもの) とグルクロンサンがいくつも繰り返しむすび対いた多糖です。同様にコンドロイチンは、N-アセチルガラクトサミン (体内ではグルコサミンから変換される。) とグルクロン酸が幾つも繰り返し結びついた多糖です。

    N-アセチルグルコサミン + グルクロン酸 = ヒアルロン酸
    N-アセチルガラクトサミン + グルクロン酸 = コンドロイチン

  2. グルコサミンについては、変形性膝関節症を対象とした臨床試験が行われています。その概略を紹介します。
    イタリアのミラノで、重度の変形性膝関節症を患ってきた80人の患者を二群に分け、一群にはグルコサミンを1.5グラム、他群にはプラセボ(偽薬) を30日摂取させました。評価は「痛みの度合い」、「皮膚の敏感さ」、「腫れ」、「動作の制限」の四項目でおこなっています。その結果は以下の通りで、さらに、グルコサミン群患者の軟骨サンプルを電子顕微鏡で観察すると、健康な軟骨とそっくりだったと報告されています。
    コンドロイチンは医薬品の成分として使われ、単独では腰痛症、関節痛という適応症があります。またコンドロイチンには変形性膝関節症による関節変性の進行を止める働きのあることが報告されています。
    グルコサミンとコンドロイチンは或る一定の混合比で配合するとききめがよくなるといわれています。その比率は5対4であるといわれています。

    グルコサミンの作用

    1. 軟骨細胞を賦活する。
    2. 関節の痛みを軽減する
    3. 滑膜の炎症を軽減する

    コンドロイチンの作用

    1. 軟骨細胞を賦活する。
    2. 軟骨を破壊する酵素を抑制する。
    3. 関節の痛みを軽減する。

    体内に存在するコラーゲンはすべて同じではなく、構造や性質の違いで十数種類であることがわかっています。体内のコラーゲンのうち、約40%は皮膚に、10〜20%は骨と軟骨に7〜8パーセントは血管にふくまれているそうです。もっとも多いのはT型コラーゲンで、皮膚や骨、内臓、筋肉、腱などほとんどの臓器・組織に存在し、強度をつくりだす役割をになっていると考えられています。
    一方、U型コラーゲンは軟骨にしか存在しないコラーゲンで、T型コラーゲンとはアミノ酸の配列順序が異なり、多数の水分を保持するのに充分な量のプロテオグリカンを収納しやすい構造をつくっています。

  3. デビルズクローは南アフリカ原産のゴマ科の植物で、乾燥した根茎のエキスには抗炎症作用があり、ドイツ、フランスなどヨーロッパで関節疾患の薬として使われています。本品の配合量30rは、医薬品の薬用量の十分の一であり、補助成分として配合されています。

お客様の声

  • 孫のおもりで疲れたときはシツプをしないとねむれないほど膝がはれていたが、そんなことがなくなった。
  • 痛くて足をひきずっていたが、元気に歩けるようになり周りが驚いている。
  • 痛みが全くなくなった。
  • 階段も平気で下りられるようになった。
  • 痛みがいつ頃とれてきたのかも意識しないくらい、しゃがむ、正座、階段の上り下りが普通にできるようになった。
  • 良かったり悪かったりしたが、悪い日が殆どなくなった。
  • 膝の痛みがだいぶやわらいで、少しの間だが正座ができるようになった。
  • 卓に手をついてだが、立ち上がれるようになった。
  • サポーターの使用が外出時だけになった。
  • 腫れはないし、動きがすくないと痛みはなし、これ以上進行させないように飲みつづけたい。
  • 腰の痛みは忘れることがある。
  • 痛み出してから接骨院に通っているが、痛みは4〜5日でとれた。朝・夕はまだ重い感じがのこる。
  • はれはあるが、いたみは4〜5日で楽になった。
  • 痛みは1週間位でやわらいできたのがわかった。
  • 肩関節については変化がみられず、膝関節は1週間位から少しずつらくになって痛みがやわらいでいる。
  • 服用後10日間位で朝の腰のこわばり、膝の痛みが軽くなった。引き続き飲んでみたい。
  • 20日目位から痛みがやわらいで正座ができるようになった。
  • 一箇月間使用した結果、痛みがだいぶやわらいできたような感じがする。
  • 1箱のみ終わる頃には、痛みを感じることが少なくなった。

≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366