麻黄(まおう):漢方薬、生薬の通信販売は中屋彦十郎薬局

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

漢方生薬の中屋彦十郎薬局  / 会社案内

漢方生薬の中屋彦十郎薬局TOP生薬の通信販売一覧>麻黄(まおう)

●麻黄(まおう)

第A類医薬品、

麻黄は神農本草経の中品に収載されている。

起源 マオウ科マオウは中国北部や蒙古地方の砂地に自生する草状の常緑小低木で、高さは30〜70cm。本邦には自生しない。根茎は木質で赤褐色、細長い茎はトクサににていて分岐する。雌雄異株。夏になると小さい卵形の単性花をつける。雌花は裸の胚珠をもち、種子は長卵形で黒褐色だ。薬用になるのは地上茎。秋に地上の茎を刈り取り、日陰で乾燥させると青く仕上がる。これを1〜2cmに刻んだ生薬を麻黄という。麻黄の成分はアルカロイドで特にエフェドリンは有名です。生薬のなかで最も早く有効成分が確認された。これを発見したのは日本人の薬学者・長井長義氏である。
産地 中国 (山西、内蒙古、東北緒省、華西地区など) 。モンゴル人民共和国、パキスタン、アフガニスタン。
成分 アルカロイドを0.3〜1.5%含有し、エフェドリン、プソイドエフェドリン、ノルエフェドリン、ノルプソイドエフェドリン、メチルエフェドリンなどを含有する。
処方例 葛根湯、麻黄湯、麻黄附子細辛湯、麻杏甘石湯、越婢加朮湯など多くの処方に配合される。
用法・容量 煎剤、散剤、外用剤。1日1〜3グラム。

麻黄(マオウ)の通信販売:中屋彦十郎薬局

麻黄 中国 刻み 500g 税込価格 3,300円  
※お問い合わせ TEL/FAX 076-231-1301 



>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366