麻子仁(ましにん):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

漢方生薬の中屋彦十郎薬局  / 会社案内

漢方生薬の中屋彦十郎薬局TOP生薬の通信販売一覧>麻子仁(ましにん)

●麻子仁(ましにん)

第二類医薬品

神農本草経の上品に麻賁 (まふん)の名で収載されている。中国では一般に「火麻仁」としょうする。古くは雌株を「苴麻 (しょま) 」、雄株を「しま」といい、代表的な有用植物であった。大麻はインドでは紀元前9世紀ごろからすでに薬用とされており、その後ペルシャやアラビアに伝わったものと思われる。ヨーロッパでは17世紀になってから紹介されている。

麻子仁

起源
  1. クワ科のアサの果実。「苧実 (ちょじつ) 」「火麻仁」「大麻仁」などとも称する。
  2. インド、パングラヂシュなどで栽培される成分品種インドアサは、形態的には本種とは酷似しているが、葉、特にのの線毛に麻酔性成分であるカンナビノイドを含み、アサとともに麻薬として取り締まりの対象となっている。マリファナと称する。
産地 中国、日本、朝鮮半島、東南アジア、インドなど。
成分 脂肪油 (オレイン、リノレイン、リノレニン、) 。糖質 (ペントサン、デキストリン、イノシトールリン酸) 、蛋白質 (エデスチン、グロブリン、) 、塩基性物質 (トリゴネリン、コリン、レシチン、) 、樹脂、」クエン酸などを含有する。
応用 漢方薬に用いる。そのほか七味唐辛子などの食用、小鳥の飼料、製油原料として用途は広い。
処方例 炙甘草湯、麻子仁丸、潤腸湯など。
用法・用量 煎剤、散剤、丸剤。1日6〜12グラム。

麻子仁

麻子仁 中国 生薬 500g


麻子仁 中国 粉末 500g

≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る

<漢方薬・生薬使用上の注意>
 体質や体調により合わない場合は使用を中止してください。

<漢方薬・生薬取扱上の注意>

  1. 開封後は、性質上吸湿することがありますので、湿気を避け、直射日光の当たらない涼しい場所に保管し、なるべく早めにご使用してください。  
  2. 本品は天産品ですので、色・味・においなどが多少異なることがありますが、品質には問題ありません。  
  3. 本品には防虫・防カビのために脱酸素剤が封入されております。

>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366