お買い物かご     メルマガ   サイトマップ

漢方古方派の不眠用の処方薬

ノイローゼ

身体的な不調を訴えるばかりでなく、精神症状 (イライラ、憂鬱、精神不安、強迫観念、恐怖感) をつよくあらわす。身体的症状もほとんど根拠のない、いわゆる不定愁訴が多い。その主なものは、動悸、頻脈、熱感、冷感、知覚異常、倦怠感、疲労感、頭痛、めまい、耳鳴り、眼精疲労、不眠、体のあちこちの疼痛などである。漢方薬を服用して、虚弱体質のひとが体力がつき、気力がまし、体調がよくなると物の考え方がかわり、ノイローゼが治るという場合が非常に多い。漢方では精神身体一元論とでもいえる身体的違和感を治せば、精神的症状も治るという考え方で対応します。

  1. 柴胡加竜骨牡蠣湯体格もよく、体力も充実した人、やや肥満症のひとで、心下部の膨満と抵抗、胸脇苦満があり、便秘気味、不眠、頭重、めまい、心悸亢進のあるものに用います。
  2. 半夏厚朴湯やや、虚弱な体質で、平素から胃腸が弱く、胃内停水があり、喉に何か詰まっている感じのあるもの、不眠、不安、憂鬱感、めまい、頭重感、動悸 (急に、または夜寝て静かになったとき) などを伴うものに用います。
  3. 桂枝加竜骨牡蠣湯一般にやせて虚弱なひと、性的にも弱いひとで、腹部は軟弱で力がないが、陽虚証で、不安感、動悸、多尿を伴う人にもちいます。
  4. 加味帰脾湯気分が憂鬱で無気力になり、不眠の訴えがあり、腹部には特別な漢方的異常のない場合に用います。ノイローゼについては漢方薬の紫河車を原料とするダブルリンクルX錠を併用すると更に効果的です。ダブルリンクルX錠についての詳しい説明は プラセンタ製剤 ダブルリンクルX錠 片仔広 からどうぞ。

不眠症

不眠には、寝つきの悪い型 (入眠困難) 、ねむりが浅い、または中断されると寝付くのが困難な型 (浅眠・睡眠中断) 、朝早くめがさめてしまう型 (早期覚醒) などの型がある。漢方では、不眠の原因となっている精神的・肉体的不調を整えることによって、不眠症をなおしていくのです。ご本人の生活、仕事、食物 (刺激性食品・カフェイン含有のものを制限する) 、心の問題にも配慮して治療を行う必要があります。漢方薬で根本的に体質を改善するつもりで、少し時間をかけてやる必要があります。

  1. 柴胡加竜骨牡蠣湯前述の通りです。
  2. 三黄瀉心湯体力中等度以上で、顔の血色良く (充血) 、のぼせ、イライラする、便秘、高血圧胃部が張るなどを目標にします。
  3. 黄連解毒湯前述の通りです。
  4. 加味温胆湯胃下垂や胃アトニー症のある虚弱な体質、病後や長い病気で疲労衰弱の回復しないもの、小さい物音にも驚く傾向がある場合に用います。
  5. 加味帰脾湯前述の通りです。
  6. 三物黄ごん湯手足がほてって眠れない (四肢の煩熱) 、フトンから手足をだして冷たいものにふれるのを好む。
  7. 加味逍遥散前述の通りです。

その他、猪苓湯、柴胡桂枝乾姜湯、芍薬甘草湯、小建中湯、半夏瀉心湯などを応用します。不眠症についての漢方古方派の処方は以上ですが漢方後生派の処方、あるいは現代薬についての解説は不眠症の項 不眠・ノイローゼ・精神不安 を参照してください。

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 本部・事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 店舗・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301