紅花(こうか、コウカ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●紅花(こうか、コウカ)

紅花(コウカ)生薬・漢方薬の通信販売

第三類医薬品、開宝本草に「紅藍花」の名で収載されている。

紅花は山形県が主産地である。
植物性の色素としての用途だけでなく漢方薬として広く利用されている。

起源 キク科のベニバナの管状花
花を採集後圧縮して乾燥したものを「銭花」といい、これを大量にまとめて板状に圧縮したものを「板紅花」と称します。
薬用には圧縮しない散花を良品とします。
産地 中国 (河南、浙江、四川省、チベットなど) 、日本(山形) 。
成分 紅色色素のカルタミン、黄色色素のサフロールイエロー、フラボノイドのカルタミジン、ネオカルタミンなどのほか脂肪油、リグナンなどを含有する。
薬理作用 子宮緊張亢進・律動性収縮誘発・腸管平滑筋興奮・血圧低下・ストレス性潰瘍抑制作用
応用 通経、駆お血薬として、腹痛、婦人病、冷え性、更年期障害などの血行障害の治療に用います。
処方例 葛根紅花湯、折衝飲、桃紅四物湯。
用法・用量 散剤、煎剤。1日1〜3グラム。
参考 「板紅花」はもっぱらべにの製造に用いられます。そのほか、食用色素としても応用します。
又、種子はサフラワーオイルとしてベニバナ油の主原料とします。
紅花 中国 生薬 500g
4,000円 (税込4,320円)

注文数

紅花 中国 上 全形 500g
9,600円 (税込10,368円)

注文数

紅花 中国 粉末 500g
7,000円(税込7,560円)

注文数

≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366