檳榔子(びんろうじ、ビンロウジ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
漢方・生薬TOP ハーブ類 ガンと闘う
健康食品
漢方薬
漢方相談
サイトマップ 精力剤 健康食品


●檳榔子(びんろうじ、ビンロウジ)

「第二類医薬品」
名医別録に檳榔として収載されている。古くはいろいろな檳榔があったが今は一種が利用されている。
「基源」
ヤシ科のビンロウヤシの成熟種子である。果皮は大腹皮として薬用とされる。
種子は長さ3cmくらいのおむすび型をしており、表面に網目の模様がある。東南アジアの諸国ではビンロウの未熟な果実
の胚乳を縦に割り、石灰をまぶし、ときに阿仙薬や甘草などと混ぜてキンマの葉で包んだものをチューインガムのように
噛む習慣がある。口の中が真っ赤になり、麻酔的な作用があり、爽快な気分になる。
「産地」
東南アジア(主にインドネシア)。
「成分」
アルカロイド0.3〜0.7パーセント(主成分はアレコリン、アレカイジン、アレコリジン、グバシンなど)ステロイド、タンニン、
没食子酸、脂質15%、アミノ酸など。
「作用」
副交感神経興奮作用、中枢興奮作用、平滑筋収縮作用粘液、血圧降下作用。
「応用」
健胃、駆虫薬として、消化機能が低下した状態のときや腸内異常発酵のときに用いる。
「処方例」
女神散。
「用法・用量」
煎剤、散剤、丸剤。1日2〜4g。

檳榔子(びんろうじ、ビンロウジ)生薬・漢方薬通信販売ページ
檳榔子 中国 刻み 500g 2,500円(税込2,700円)
注文数

檳榔子 中国 粉末 500g 3,200円(税込3,456円)
注文数

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301