防風 (ボウフウ、ぼうふう):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
漢方・生薬TOP ハーブ類 ガンと闘う
健康食品
漢方薬
漢方相談
サイトマップ 精力剤 健康食品


●防風 (ボウフウ、ぼうふう)

防風 生薬・漢方薬の通信販売

第二類医薬品、神農本草経上品に収載されている。刺身のつまや、正月の雑煮のあしらいに、欠かせないのはないのはハマボウフウである。

起源 セリ科の多年草・ボウフウの根を用いる。 (関防風、東防風) 、川防風、雲防風などの根。日本に輸入されるのは「関防風」である。防風は日本には自生しておらず、日本では防風といえば海岸に自生しているハマボウフウをさしているがハマボウフウはボウフウの代用品である。真の防風は中国北部から東北部、モンゴルにかけて分布するボウフウの根を用いる。これを真防風と称する。
産地
  1. 関防風:中国 (東北諸省、内蒙古、河北、山西、山東省など) 。
  2. 川防風:中国 (四川、貴州) 。三.雲防風:中国 (雲南) 。
成分 クロモン類のデルトイン、5-O-メチルビサナミノール、5-O-メチルビサナミノールグルコシド、シミフギン、シミフギングルコシド、ハマウドール、ハマウドールグルコシドを含む。
薬理作用 解熱作用 (煎剤) 。
応用 発汗、解熱、鎮痛薬として、感冒、頭痛、発熱して無汗、関節痛、四肢拘攣、破傷風などに応用する。
処方例 防風通聖散、釣藤散、桂枝加芍薬知母湯など。
用法・用量 煎剤、散剤、丸剤。1日2〜6グラム。
同類生薬 浜防風 (はまぼうふう):「本草綱目啓蒙」の防風の項に「別に浜防風あり、八百屋防風ともいい、また伊勢防風ともいう」とある。セリ科のハマボウフウの根および根茎。この植物は中国名を「珊瑚采 (さんごさい) 」といい、根茎の外皮を剥いだ物を「北沙参 (ほくしゃじん) 」と称する。クマリン、およびクマリン配糖体を含む。防風同様、発汗、解熱、鎮痛薬として、感冒などに用い、また「屠蘇散」に配合される。ちなみに屠蘇散の成分は利尿の白朮、去痰の桔梗、健胃の山椒、防風の代用で浜防風、桂枝の代用で健胃、駆風の肉桂、大黄に代わる解毒の和大黄が我が国で作られる一般的な屠蘇散です。ハマボウフウの全草を乾燥して刻み、木綿袋に入れて浴剤に利用する。疲労回復、肩こりにいいという。
防風 中国 刻み 500g 4,800円 (税込5,184円)
注文数


防風 中国 粉末 500g 7,800円(税込8,424円)
注文数

浜防風

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301