牡蠣(ボレイ、ぼれい):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●牡蠣(ボレイ、ぼれい)

牡蛎(ボレイ)生薬・漢方薬の通信販売

第三類医薬品
牡蠣は神農本草経の上品に収載されています。
この牡蠣はアサリやハマグリと同じ二枚貝の仲間で、イタボガキ科に属している。
二枚の貝は左右で違っており、片側の殻は平らなのが特徴だ。
海岸の石垣や岩礁に付着しているのを手鉤でとる。これは牡蠣打ちと呼ばれる。
今は各地のかき田や牡蠣棚で養殖されている。

牡蠣に養殖はローマ時代にその記録があり、日本の牡蠣養殖は寛文年間に広島の草津で試みた地かき式が最初である。
大正の末期に垂下式養殖法が開発されてから飛躍的に広まった。
100グラムの熱量は96キロカロリーと低い。
身にはグリコーゲン、タウリン、グルタチオン、アミノ酸、ビタミン群などが豊かである。

起源 貝類のイタボガキ科のスミノエガキ、イボタガキ、コケゴロモ、マガキ、イワガキ、オハグロガキ、ケガキ、およびカキツバタガキなどの左殻。現在市販されているものは主としてマガキの左殻である。
産地 日本(広島など) 、中国。
成分 炭酸カルシウムCaCo3が主成分で、リン酸塩、ケイ酸塩などの無機塩を含有する。
薬理作用 かき肉:血糖低下 (カキ身エキス) 、免疫増強作用 (中性多糖類) 、牡蠣制酸。そのほか未詳。
応用 鎮静、収斂、利尿薬として、胸腹部の動悸、精神不安、不眠、寝汗などに応用する。また制酸剤として内服する。
処方例 桂枝加竜骨牡蠣湯、柴胡加竜骨牡蠣湯、柴胡桂枝乾姜湯、安中散など。
用法・容量 煎剤、散剤、丸剤。1日3〜10グラム。

牡蠣 日本刻み 500g

焼牡蠣 日本 砕け 1kg

牡蠣  日本 粉末  500g

牡蛎エキス末(高温風化処理)日本産 100g

牡蠣エキス末(高温風化処理) 日本産 500g

≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る

<使用上の注意>
 体質や体調により合わない場合は摂取を中止してください。

<取扱上の注意>

  1. 開封後は、性質上吸湿することがありますので、湿気を避け、直射日光の当たらない涼しい場所に保管し、なるべく早めにお召し上がりください。  
  2. 本品は天産品ですので、色・味・においなどが多少異なることがありますが、品質には問題ありません。  
  3. 本品には防虫・防カビのために脱酸素剤が封入されておりますが、これを本品と一緒に煎じたり、食べたりしないようご注意ください。

>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366