牡丹皮 (ボタンピ、ぼたんぴ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
漢方・生薬TOP ハーブ類 ガンと闘う
健康食品
漢方薬
漢方相談
サイトマップ 精力剤 健康食品


●牡丹皮 (ボタンピ、ぼたんぴ)

牡丹皮(ボタンピ)生薬・漢方薬の通信販売

第二類医薬品、神農本草経中品に収載されている。座れば牡丹と呼ばれる春から夏へかけて華麗に花咲く濃艶なはなである。東洋の女帝とも呼ばれる。ボタン科のボタンの根皮。根を「芯ぬき」したもの。秋に根を掘り取り、水洗いしてから木槌で軽くたたいて割れ目から硬い木部を取り除く。そのあと日干しにし5センチ程度に刻んだ生薬を「牡丹皮」という。
中国産は「鳳凰牡丹皮」「鳳丹皮」「西丹皮」「川丹皮」など産地や調整法により多くの名称がある。
落葉低木で中国が原産。日本へは仏教と同時に渡来したという。「頭痛を治し、悪血を散じ、血脈を順らす」と記載されている。牡丹の木丈は1メートル余、葉は淡緑色の羽状複葉で、新しくのびた枝の先に八花弁もの大輪のはなをつける。直径は20センチにもおよぶ。花期は5月上旬。原種は紅紫色だが、いまでは白、紫、紅、黄と多彩である。「産地」 中国 (山東、安徽、江蘇、四川、陜西省など) 、日本(奈良、長野など)

成分 モノテルペン配糖体のペオニフロリン、オキシペオニフロリン、ベンゾイル、ペオニフロリン、ベンゾイルオキシペオニフロリンなどのほか、フェノール類のペオノール、ペオノシド、ペオノリドなど、およびタンニンを含有する。
薬理作用 抗炎症作用 (メタノールエキス) 。鎮痛、抗菌。抗炎症、胃液分泌、抑制 (ペオノール) 。
応用 鎮静、鎮痛、駆お血、排膿薬として、頭痛、腹痛、婦人科疾患、月経不順月経困難など。血液の停滞する血行障害のあるものに応用する。高血圧や過敏性の鼻炎にも効あり。
処方例 大黄牡丹皮湯、桂枝茯苓丸、温経湯、加味逍遥散、八味地黄丸など。
用法・用量 煎剤、散剤、丸剤など。1日3〜6グラム。

牡丹皮(ボタンピ)生薬・漢方薬の通信販売

牡丹皮 中国 丸切 500g 1,700円 (税込1,836円)
注文数

牡丹皮 中国 刻み 500g 1,600円 (税込1,728円)
注文数

牡丹皮 中国 粉末 500g 3,200円(税込3,456円)
注文数

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1−29 TEL/FAX 076-231-1301
工場 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21−9 TEL076-245-3366