白檀(ビャクダン、びゃくだん):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
漢方・生薬TOP ハーブ類 ガンと闘う
健康食品
漢方薬
漢方相談
サイトマップ 精力剤 健康食品


●白檀(ビャクダン、びゃくだん)

第二類医薬品
白檀はインドネシアやマレー半島を原産とするビャクダン科の常緑小高木、ビャクダンの心材を用いる。
中国では檀香といっている。ビャクダンは半寄生植物で幼樹は他の植物に寄生するが、葉には葉緑素を持ち、成長すると10m
くらいの樹木になる。白檀には独特の香りがあり、燃やすとさらに濃香になる。掛軸や古書の防虫に使われる。
栴檀は双葉よりかんばしの栴檀とは白檀のことである。
白檀の心材は赤くて芳香があるが、辺材は白くて香りが少ない。
線香などの香料や薬用には心材を用いる。
材は硬く緻密なため、細工物、美術品、線香などに利用される。
心材には精油が2〜6パーセント含まれれる。
漢方では胸が苦しいとき、食欲がない、冷えて胸や腹が痛むときに用いる。
白檀油が淋病の治療に用いられた歴史もある。
通常は5〜10gを煎じる。
白檀(ビャクダン、びゃくだん)生薬の通信販売のページ

白檀(ビャクダン、びゃくだん)生薬の通信販売ページ

白檀 インド 刻み 100g 8,700円(税込9,396円)
注文数

白檀 インド・中国 粉末 500g 30,000円(税込32,400円)
注文数

白檀(びゃくだん):漢方生薬の通信販売は中屋彦十郎薬局 白檀(びゃくだん):漢方生薬の通信販売は中屋彦十郎薬局
白檀 心材 原形 62g 3,100円(税込3,348円)
注文数

白檀 心材 原形 94g 4,700円(税込5,076円)
注文数

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301