白朮(ビャクジュツ、びゃくじゅつ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
漢方・生薬TOP ハーブ類 ガンと闘う
健康食品
漢方薬
漢方相談
サイトマップ 精力剤 健康食品


●白朮(ビャクジュツ、びゃくじゅつ)

白朮(ビャクジュツ)生薬の通信販売ページ

第二類医薬品、神農本草経の上品に「朮」の名で収載されている。現在朮は「蒼朮」と「白朮」に区別しているが、この別を最初にのべたのは陶弘景であって、「朮には白、赤の二種類あり,」といい、隋、唐の薬方を多く収載した「千金方」や「外台秘要方」などには白朮の名が多くみられる。宋の寇宗 には蒼朮と白朮の区別をはっきりし、十分識別をようするといっている。明代になると「本草綱目」には蒼朮と白朮を別項としている。

起源
  1. 中国産:キク科のオオバナオケラの根茎をそのまま乾燥または蒸乾したものを (唐白朮) 。
  2. 日本産および韓国産:オケラの根茎である。 (和白朮)
産地
  1. オオバナオケラ:中国 (浙江、安徽、湖南、江西省など)
  2. オケラ:中国東北地方、朝鮮半島、日本。
成分 精油2〜3% (アトラクチロン、アセトキシアトラクチロン、アトラクチレノリドなど) を含む。
薬理作用 抗炎症 (煎液) 。利尿 (エタノールエキス) 。抗腫瘍 (煎液) 。
応用 消化管および皮下組織中に起こる水分代謝の不全に対し、利尿、発汗を促し、漢方で言う水毒を除く要薬として、腎機能の減退による尿利の減少または頻数、身体疼痛、胃腸炎、浮腫などに応用する。
処方例 五苓散、苓桂朮甘湯、人参湯、四君子湯、半夏白朮天麻湯など。
用法・用量 煎剤、丸剤、散剤。1日1.5〜3.0グラム。

京都、祇園の八坂神社のおけら参りという行事が あります。大晦日の夜に火を焚きおけらをくべる神事が行われてい ます。おけらをくべたこの火を、縄に移し持って帰り、元旦の お雑煮を作る種火に用いると一年間無病息災に過ごすことができると 信じられています。「おけら参り」として親しまれています。大晦日の京の街を火縄をくるくる廻しながら帰る人々の姿は京都の風物詩として広く知られています。
「屠蘇散」にもこのおけらが配合されています。屠蘇散にはこの他、山椒、防風、桔梗。蜜柑皮、肉桂皮が配合されていますがこれを元旦の朝、お燗をしたお酒に入れて飲むと一年間無病息災でいられると伝えられています。おけらは漢薬名を朮 (じゅつ) と言い (求ではない) 、蒼朮 (そうじ ゅつ) と白朮 (びゃくじゅつ)の二種があります。漢方の古典「神農本草経」の上品に朮として収載されています。いずれも水毒をさり、脾胃を健やかにするという点では同じですが蒼朮は発汗に作用し、白朮は止汗に作用すると本草綱目 (1596年 漢方薬の古典) は述べています。キク科のホソバオケラという植物の根茎です。ホソバオケラは江戸時代 に既に日本に渡来し栽培されており、「古立蒼朮」、「佐渡蒼朮」 と称されていましたが、今日では佐渡島の一部や各地薬草園で見本的に栽培されているにすぎません。成分として精油が含有されています。健胃、整腸、利尿薬として使われています。漢方でいう水毒の要薬 です。

白朮(ビャクジュツ)生薬の通信販売ページ

白朮(鮮・オケラ) 中国 丸切 500g 2,100円 (税込2,268円)
注文数

白朮(鮮・オケラ) 中国 刻み 500g 2,000円 (税込2,160円)
注文数

白朮(唐白朮・オオバナオケラ) 中国 刻み 500g 4,300円(税込4,644円)

注文数

白朮(唐白朮・オオバナオケラ) 中国 粉末 500g 3,400円(税込3,672円)
注文数

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301