海人草(カイニンソウ、マクリ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

漢方生薬の中屋彦十郎薬局  / 会社案内

●海人草(カイニンソウ、かいにんそう)

「第二類医薬品」

海人草は和方書の神遺方や大同類聚方に万久利母の名で収載されている。優美石花菜ともいう。

「基源」
フジマツモ科の紅藻、マクリの全藻で、しばしばイギス科のトゲイギスのヒメモサズキ、タマモサズキなどの海藻の付着が認められる。
「産地」
日本南部近海。
「成分」
駆虫成分0.15〜0.2%を含有し、主成分のαーカイニン酸と微量成分のαーアロカイニン酸などからなる。
「薬効分類」
駆虫薬
「成分・分量」
1日量10g中、日本薬局方マクリ10g
「効能・効果」
回虫の駆除
「用法・用量」
大人(15歳以上)は1日量10gを、水約100mLをもって煮て約60mLに煮つめ、滓をしぼって取り去り、早朝または就寝前の空腹時に服用する。
「用法・用量に関連する注意」
定められた用法・用量を厳守すること。
便秘性の人は本剤を服用後、虫を排泄するため、適宜瀉下薬を用いること。
海人草(カイニンソウ、マクリ)生薬・漢方薬の通信販売

海人草 日本 原形 30g 第2類医薬品

「使用上の注意」
してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないこと  他の駆虫薬,ヒマシ油。
2.2回以上続けて服用しないこと  なお、再度駆虫を必要とする場合は、1ヵ月以上の間隔をおくこと。
相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。  
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人  
(3)本人又は家族がアレルギー体質の人  
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃痛,腹痛,吐き気・嘔吐
精神神経系:頭痛,めまい
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。  口のかわき
4.服用しても効果がみられない場合は服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。
「保管及び取り扱い上の注意」
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366