柿葉 (かきのは):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●柿葉 (かきのは)

柿の葉(柿葉)生薬・漢方薬の通信販売

「健康食品」

東アジア温帯に分布するカキノキ科のカキの葉を用いる。

カキは生薬として様々な形で利用され、柿のヘタは柿蒂(してい)、果実の干したものは柿餅 (しへい) 、柿のシブを柿漆(ししつ)といわれます。

柿葉にはビタミンCのほか、フラボノイド配糖体のアストラガリン、ミリシトリン、その他カロチン、パントテン酸、タンニンなどが含まれる。

我が国では健康茶として利用されている。
柿葉茶の製法は若い芽を摘み取って葉脈を除き、三分ほど熱湯に通し、小さく刻んで陰干しにし、十分に乾燥する。

柿の葉のビタミンC含有量は他の追随を許さぬ膨大なものです。
生のもので比較すると、ホウレンソウの10倍、レモンの20倍にもなります。
その昔、柿の葉は飢饉食に使われた事もあり、東北地方では、「カキの実が赤くなれば医者が青くなる」といわれるほど、カキは大切な食物でした。
その葉に何らかの養分があることは早くからわかっていましたが、実際に分析されたのは戦後です。
元厚生省技官の元山正氏によって、100グラム中1000mgものビタミンCを含有していることが明らかにされました。
柿の種類は甘柿でも渋柿でもよいのです。
柿の葉にもっともビタミンCが多い時期は若芽がでた六月頃、未だ青葉のうちの10月頃までです。
しかし、落葉樹だから一年中、生の葉が手に入るわけではありませんのでこれを緑茶のように蒸製しておけば、保存ができ、年中のめるのです。
また柿の葉のビタミンCは、柿の葉茶にした場合でも次のような特徴を持っています。

  1. 熱加工しても、もともと含有量が多いだけに残存量も大きい。
  2. 熱加工した柿葉は、日本茶がアルカリ性であるのに対して、弱酸性だからたくさん飲んでも胃をあらすことがなく、日本茶のように不眠の心配もない。
  3. 柿の葉茶のビタミンCはプロビタミンといわれ、熱に強く、体の中でビタミンCに還元されます。
    ビタミンCはいくらとっても副作用がないといわれますが、それには条件があります。
    それは天然のビタミンCについていわれることで合成のビタミンCの大量摂取については議論のあるところです。
    柿葉が歯茎の出血にいいことは広く知られています。
    健康維持に毎日お茶代わりに続けて飲むとよいといわれます。

柿の葉の飲み方

普通のお茶と同じですが、5グラムに1.8リットルの熱湯を注ぎ、密閉して10分以上たってから飲むと良いのです。
ただ注意しておきたいのは、緑茶コーヒーなどのアルカリ性飲料と同時併用すると、ビタミンCの効果は薄れます。
ビタミンCが不足すると良質のコラーゲンが生成されなくなる。
美容と健康維持のためにも継続するとよい。
1日10〜20g煎じる。

柿葉 中国 短冊切 500g
1,200円 (税込1,296円)

注文数

柿の葉 中国 刻み 500g
2,400円 (税込2,592円)

注文数

柿の葉 日本 丸切り 500g
3,000円(税込3,240円)

注文数

柿の葉 中国 粉末 500g
2,600円(税込2,808円)

注文数

柿の葉 中国 焙じ 3g×20包
900円 (税込972円)

注文数


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366