何首烏 (かしゅう、カシュウ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

漢方生薬の中屋彦十郎薬局  / 会社案内

●何首烏 (かしゅう、カシュウ)

何首烏(カシュウ)生薬・漢方薬の通信販売

第二類医薬品 何首烏は宋代の「開宝本草」に初めて収載されている。

起源 タデ科のツルドクダミの塊根。
我が国では八代将軍吉宗が中国から苗を取り寄せ全国に栽培させたのが、伝来の経緯といわれる。
名前の由来は何首烏という人の祖父が見つけた根を粉にして飲んで親子三代が長生きしたという伝説や、 何公という王が服用したところ頭の白髪が烏の羽のように黒くなったという説がある。
産地 中国 (河南、湖北、貴州、四川、広西、江蘇など)
成分 アントラキノン類 (エモジン、及びフィスシオンの遊離型と結合型) スチルベン配糖体などを含有する。
香り ハーバルでパウダリー
薬能 漢方では補陰、補血、強壮の薬能があり肝腎の精血を補う。黒髪を生じる代表的な生薬として有名である。
応用 当帰飲子など。
用法・用量 煎剤、丸剤、散剤、塗布、液剤。1日3〜6グラム。韓国産白何首烏はコイケマの根。
何首烏(かしゅう)生薬・漢方薬の通信販売

何首烏 中国 刻み 500g

何首烏 中国 粉末 500g

何首烏(かしゅう)週刊ゲンダイの精力記事|生薬・漢方薬の通信販売

日刊ゲンダイ2012年2月22日号で記事として紹介されました。


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366