何首烏:漢方薬、生薬販売、外用

 
漢方薬   お買い物かご     メルマガ   サイトマップ

●何首烏 (かしゅう)

何首烏は宋代の「開宝本草」に初めて収載されている。

起源 タデ科のツルドクダミの塊根。唐時代の中国では不老長寿の薬として有名でした。我が国では八代将軍吉宗が中国から苗を取り寄せ全国に栽培させたのが、伝来の経緯といわれる。名前の由来は何首烏という人の祖父が見つけた根を粉にして飲んで親子三代が長生きしたという伝説や何公という王が服用したところ頭の白髪が烏の羽のように黒くなったという説がある。
産地 中国 (河南、湖北、貴州、四川、広西、江蘇など)
成分 アントラキノン類 (エモジン、及びフィスシオンの遊離型と結合型) スチルベン配糖体などを含有する。
薬理作用 内服すれば腸管運動促進作用 (水エキス) 、腸管からのコレステロール吸収抑制コチコトロピン様作用・降圧作用、抗菌作用がある。漢方では補陰、補血、強壮の効能があり、めまい、足腰の虚弱、筋骨のだるさ、子宮出血、遺精、下痢、痔などに用いる、いっぱんには肝腎の精血を補う要薬です。陰虚による皮膚掻痒感や便秘のほか、黒髪を生じる代表的な生薬として有名である。
  1. 滋養強壮作用
    虚弱体質や老化現象に用いる。元気が衰えて、白髪や脱毛がみられ、足腰が弱っているものには当帰・枸杞子などと配合する。動脈硬化や高血圧にも使用され、単独で抗圧作用や降コレステロール作用も報告されている。
  2. 止痒作用
    老人性皮膚掻痒症など乾燥性の皮膚疾患に用いる。皮膚掻痒症には荊芥・疾痢子などと配合する (当帰飲子) 。
応用 当帰飲子、など。
用法・用量 煎剤、丸剤、散剤、塗布、液剤。1日3〜6グラム。韓国産白何首烏はコイケマの根。

何首烏 中国 刻み 500g 1700円 (税込1785円)
©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 本部・事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 店舗・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301