杭菊花(コウキクカ、コウキッカ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●杭菊花(コウキクカ、コウキッカ)

杭菊花(コウキッカ、こうきくか)生薬・漢方薬の通信販売,

第三類医薬品
杭菊花は神農本草経の上品に収載されています。

起源 キク科のキクの頭状花。
白菊花、杭菊花、甘菊などの多くの名称があります。日本に輸入されるものは黄甘菊が主である。
中国では2000年以上前からキクを薬用として栽培していた記録がある。栽培のキクはシマカンギクとチョウセンノギクの交配種を改良したものと考えられている。
日本には古くから観賞用として多くの品種が栽培されているが、薬用には食用ギクを用いる。
菊花をお茶として飲む風習や菊を原料とする酒、菊花を用いた料理などがある。
古くから草枕のひとつとして枕のなかに菊花をつめる風習がある。
日本では野菊花が菊花として扱われている。
産地 中国 (安徽、河南省)
成分 香気成分カルボキシリック酸、ラムノグルコシド、アピゲニングルコシドアデニン、コリンなどを含みます。
薬理作用 弱い体温低下 (大量で循環器障害)、毛細血管抵抗性増強、抗菌抗真菌。
応用 解熱、解毒、鎮痛、消炎薬として、感冒、発熱、悪寒、頭痛、目赤腫痛、視力の改善、目の充血、視力の低下、化膿性の炎症などに用いる。めまいなどに応用する。
又、動脈硬化、高コレステロール症などに金銀花を配して応用する。茶剤にもする。清熱、解毒薬として用いる。
処方例 杞菊地黄丸、釣藤散、滋腎明目湯など。
用法・用量 散剤、丸剤、煎剤。1日2〜5グラム。
  1. 抗炎症作用:感染症による咳、結膜炎に用いる。
    上気道炎などで咽痛、咳、鼻閉などの症状に桑葉薄荷などと配合する。
    流行性の結膜炎には防風桔梗などと配合する。
  2. 視力改善作用:視力の低下に用いる。高齢者なの目のかすみ、目の痛みに六味丸に加味して用いる。
  3. 向精神作用:頭痛、頭重感に用いる。高血圧やイライラしやすい人の頭痛頭のふらつきに釣藤などと配合する。
杭菊花(こうきっか)の通信販売:生薬・漢方の中屋彦十郎薬局←杭菊花

日本では野菊花が菊花として扱われているため、本来の菊花を求めたい場合は「杭菊花」と指定する必要がある。
杭菊花(こうきくか)とは浙江省産のものをさしている。
一般的には杭菊花は頭痛や目の充血など炎症に対する作用が強いといわれている。

杭菊花 中国 生 500g
3,000円(税込3,240円)

注文数

杭菊花 中国 刻み 500g
4,000円(税込4,320円)

注文数

日本の市場では野菊花を菊花としている。以下の「菊花」はシマカンギク(野菊)の花。

杭菊花(コウキクカ、コウキッカ)生薬・漢方薬の通信販売,←野菊花
菊花(野菊) 中国 生 500g
1,600円 (税込1,728円)

注文数

菊花(野菊) 中国 粉末 500g
3,400円(税込3,672円)

注文数


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366