蔓荊子(マンケイシ、まんけいし):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●蔓荊子(マンケイシ、まんけいし)

蔓荊子(まんけいし)生薬・漢方薬の通信販売

「第二類医薬品」
神農本草経の上品に収載されている。
「基源」
クマツヅラ科の落葉低木ハマゴウおよびミツバハマゴウの成熟果実、前者が主で、「京子」(河南省)「万金子」と称される。
海辺の砂地に群生し、幹が砂の上に這って横にのび、ところどころに根を下ろす。茎葉に特異な香りがある。
「産地」
中国(山東、山西、福建、河南省)、日本、韓国。
「成分」
精油(カンフェン、ピネンなど)、フラボン誘導体、脂肪油などを含有する。
「作用」
民間では鎮静、鎮痛作用があるという。
「応用」
鎮静、鎮痛、消炎効果を期待して、頭痛、感冒、関節痛などに応用する。民間では神経痛や手足のしびれに果実や茎葉を浴湯料にも用いる。
「処方例」
洗肝明目湯、蔓荊子散、蔓荊子湯。
「用法・用量」
煎剤、散剤、丸剤。1日3〜6グラム。

蔓荊子(マンケイシ)生薬・漢方薬の通信販売

蔓荊子 中国 生 500g

蔓荊子 日本 生 500g

蔓荊子 中国 粉末 500g

≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る

<使用上の注意>
 体質や体調により合わない場合は摂取を中止してください。

<取扱上の注意>

  1. 開封後は、性質上吸湿することがありますので、湿気を避け、直射日光の当たらない涼しい場所に保管し、なるべく早めにお召し上がりください。  
  2. 本品は天産品ですので、色・味・においなどが多少異なることがありますが、品質には問題ありません。  
  3. 本品には防虫・防カビのために脱酸素剤が封入されておりますが、これを本品と一緒に煎じたり、食べたりしないようご注意ください。

>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 中屋彦十郎薬舗株式会社  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366