麻黄:漢方薬・生薬販売、第A類医薬品

 
漢方薬   お買い物かご     メルマガ   サイトマップ

麻黄 (まおう)

麻黄は神農本草経の中品に収載されている。

起源 マオウ科マオウは中国北部や蒙古地方の砂地に自生する草状の常緑小低木で、高さは30〜70cm。本邦には自生しない。根茎は木質で赤褐色、細長い茎はトクサににていて分岐する。雌雄異株。夏になると小さい卵形の単性花をつける。雌花は裸の胚珠をもち、種子は長卵形で黒褐色だ。薬用になるのは地上茎。秋に地上の茎を刈り取り、日陰で乾燥させると青く仕上がる。これを1〜2cmに刻んだ生薬を麻黄という。麻黄の成分はアルカロイドで特にエフェドリンは有名です。生薬のなかで最も早く有効成分が確認された。これを発見したのは日本人の薬学者・長井長義氏である。
産地 中国 (山西、内蒙古、東北緒省、華西地区など) 。モンゴル人民共和国、パキスタン、アフガニスタン。
成分 アルカロイドを0.3〜1.5%含有し、エフェドリン、プソイドエフェドリン、ノルエフェドリン、ノルプソイドエフェドリン、メチルエフェドリンなどを含有する。
薬理作用 鎮咳、抗アレルギー作用 (水・エタノールエキス) 。呼吸興奮、中枢興奮作用、交感神経興奮 (血圧下降、気管支拡張、散瞳) 。中枢性治鎮咳作用 (エフェドリン) 。
応用 発汗、鎮静、去痰薬として、皮膚の排泄機能障害による呼吸困難、喘咳悪寒、身体疼痛、骨折痛などに応用する。喘息のような呼吸困難や咳、そして体が痛かったり全身が黄ばんで浮腫があるような場合に、麻黄は欠かせない。節と節の間の部分に発汗作用があり、節と根に止汗作用がある。
処方例 葛根湯、麻黄湯、麻黄附子細辛湯、麻杏甘石湯、越婢加朮湯など多くの処方に配合される。
用法・容量 煎剤、散剤、外用剤。1日1〜3グラム。


麻黄 中国 刻み 500g 1,100円 (税込1,188円)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 本部・事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 店舗・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301