木通 (モクツウ、もくつう):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 
漢方・生薬TOP ハーブ類 ガンと闘う
健康食品
漢方薬
漢方相談
サイトマップ 精力剤 健康食品


●木通 (モクツウ、もくつう)

木通 (モクツウ、もくつう)生薬・漢方薬の通信販売木通 (モクツウ、もくつう)生薬・漢方薬の通信販売

「第二類医薬品」
神農本草経の中品に「通草 (つうそう) 」の名で収載されている。以前は山道をちょっと歩いても木の枝からぶさがっているアケビを見かけたものである。

成分・分量
  1. 日本産
    アケビ科のアケビ、またはミツバアケビのつる性の茎を、通例輪きりにして乾燥したもの。アケビは蔓性の落葉木で、全国の山野に自生する。蔓は左巻きにからまり、10メートル以上にも伸びて樹木に巻きつく。葉は長楕円形の五葉からなる掌状複葉である。長柄があって互生する。四月頃に新芽を出し、ほぼ同じ時期に暗紫色の小さい花を房状に開く。秋になると、8cmほどの楕円形の果実が紫色に熟し、やがて縦に裂けて白い果実と白い小粒の種子が見える。アケビの語源は「開け実」だという。果実は肉厚でかすかに甘い。残った皮も外皮をむいて油いためなどに使われる。薬用となるのは太い蔓。落葉した11月頃直径1〜2cmほどの茎を採取し、2〜3cmに輪きりにする。
  2. 中国産の木通あるいは通草と称する生薬は非常に種類が多い。
    1. 大通草:ウコギ科のカミヤツデの茎髄。中国で通草としょうするものはこれである。
    2. 小通草:キブシ科そのほか同属植物の茎髄。
    3. 梗通草
    4. 関木通:ウマノスズクサ科のキダチウマノスズクサの茎。
    5. 准通 (わいつう):ウマノスズクサ科および同属植物の根。
    6. 川木通
    7. 木通:アケビ科のアケビの茎。 (江蘇省)
産地 日本、中国 (各地) 。
成分 トリテルペノイドサポニンのアケボシドを含有する。
薬理作用 利尿 (煎剤) 。抗炎症 (サポニン) 。胃液分泌抑制作用 (サポニン) 。
応用 消炎性利尿、鎮痛薬として、小便不利、関節リュウマチ、神経痛、月経不順などに応用する。血行改善、排膿、通経などに使われてきた。証におうじて冷え性、腰痛、生理不順、子宮内膜炎、膀胱炎などに使う。脚気にも尿をふやす目的で与え、妊婦の浮腫にも用いる。
処方例 当帰四逆湯、竜胆瀉肝湯、八味帯下丸など。
用法・用量 煎剤、散剤、丸剤。1日2〜6グラム。
同類 アケビの果実も食べると体のむくみに効くと言う。
木通 日本 刻み 500g  1,300円 (税込1,404円)
注文数
木通 日本 丸切 500g  2,000円 (税込2,160円)
注文数
木通 日本 粉末 500g 2,900円(税込3,132円)
注文数

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved.  プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

〒921-8117 事務所 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366
〒920-0967 薬局・通信販売 石川県金沢市菊川2-26-24 TEL 076-231-1301 FAX 076-231-1301