肉豆く(ニクズク、にくずく):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●肉豆く(ニクズク、にくずく)

「第三類医薬品」
宋代の開宝本草に収載されている。日本ではナツメグともいわれる。
「基源」
ニクズク科のニクズクの仮種皮および種皮を除いた種子。5〜9cmの果実のなかに3cmくらいの仮種皮におおわれた一つの種皮である。この仮種皮は香辛料のメースである。仮種皮を種皮から除いて伸展し「肉豆く花、肉豆く衣、玉果花」を作る。
これは精油6〜11%含み、香辛料、興奮薬として用いる。
「産地」
原産地はバンダ諸島である。熱帯各地、東インド諸島、マレーシア、西インドに広く栽培されている。日本国内へ輸入されるのはインドネシア産である。
「精油」
精油2〜9%含有し、その構成成分はαーピネン、カンフェン、ミリスチンリナルールなどである。脂肪油でミリスチン、オレインが含まれる。
「薬理作用」
少量で食用増進、大量で頭痛、めまい、幻覚症状あり。
「応用」
芳香性健胃、駆風薬として食欲不振、腹部膨満、腹痛、下痢などに用いられる。肉豆く油とする。
「用法・用量」
煎剤、丸剤、散剤。1日0.5〜2.0グラム。

肉豆く(ニクズク、にくずく)生薬・漢方薬の通信販売
肉豆く インドネシア 刻み 500g
6,000円(税込6,480円)

注文数

肉豆く インドネシア 粉末 500g
6,400円(税込6,912円)

注文数

≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366