竜眼肉(リュウガンニク、りゅうがんにく):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●竜眼肉(リュウガンニク、りゅうがんにく)

竜眼肉(リュウガンニク、りゅうがんにく)生薬・漢方薬の通信販売

第三類医薬品、神農本草経の上品に「竜眼」の名で収載されている。
一名「益智 (やくち) 」ともいう。益智 (「ヤクチ」) と混同しないよう要注意である。

起源

ムクロジ科の常緑高木で、高さ10メートル位である。
小枝は暗褐色で毛がある。葉は互生し、羽状複葉。
その表面は濃緑色で光沢があり、裏面は淡緑色である。

五月頃、葉腋から花茎を伸ばし、芳香のある黄白色の小花をぎっしりと円錐状に開く。
秋には球形の果実をつける。
熟すると表面が淡褐色の硬い殻になり中に暗褐色で光沢のある一個の種子が入っていて、周囲には白色透明の仮種皮がある。
薬になるのはこの果実である。

熟した果実から仮種皮を採取して日干しにする。
これが竜眼肉である。俗に「円眼」「桂円眼」とも称する。

漢方の補血薬としては当帰地黄枸杞子、竜眼肉などがある。
補血薬とは血虚に用いられる、血虚の基本的な症状は顔色が悪く、疲労感があり、息切れ、動悸、不眠などをうつたえ、皮膚が乾燥して脈は細い、などが特徴である。
貧血だけでなく、心・肝の失調によって起こる。

補血薬の作用は全身の機能を改善することで血虚の症状を軽減し、消失させると漢方ではいっている。

産地 中国、広西、福建、四川、雲南、海南島、台湾などに主産し、福建省のものが品質がよいが、薬用には広西壮族自治区のものが多く用いられる。
成分 新鮮品は水分77.15%、灰分0.61%、脂肪0.13%、蛋白質1.47%、可溶性含窒素化合物20.55%、ショ糖12.25%、乾燥品にはブドウ糖26.91%、ショ糖0.22%、有機酸類1.26%、含窒素化合物6.309%
薬理作用 未詳
応用 鎮静、滋養強壮薬として、驚悸、健忘、失眠などの症に応用する。
処方例 帰脾湯
用法・用量 煎剤、丸剤。1日2〜6グラム。
竜眼肉,生薬・漢方薬の通信販売
竜眼肉 ベトナム 生 500g
2,000円 (税込2,160円)

注文数

竜眼肉 中国 生 500g
3,000円(税込3,240円)

注文数

≪生薬・漢方薬の通信販売 目次へ戻る


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920−0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921−8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366